「グダグダ考えている時間って、楽しいけど無駄」 ウォーリー木下と演劇

2022/02/14 16:00

 役者の身体性に音楽と映像を融合させ、「東京2020 パラリンピック開会式」演出を手掛けた劇作家・演出家のウォーリー木下さん。彼が演劇に携わるきっかけは、意外なものだった。

あわせて読みたい

  • 東京パラ五輪演出家・ウォーリー木下が「ツウの人から非難されてもいい」と語る理由

    東京パラ五輪演出家・ウォーリー木下が「ツウの人から非難されてもいい」と語る理由

    週刊朝日

    2/15

    「猥談も差別語も満載で困っちゃう」シェイクスピアの魅力を翻訳家が語る

    「猥談も差別語も満載で困っちゃう」シェイクスピアの魅力を翻訳家が語る

    週刊朝日

    4/2

  • アンドロイド演劇を完全映画化した『さようなら』11月に公開、人間とアンドロイドは寄り添うことが出来るのかを問う

    アンドロイド演劇を完全映画化した『さようなら』11月に公開、人間とアンドロイドは寄り添うことが出来るのかを問う

    Billboard JAPAN

    10/8

    長塚圭史「観客と対面しないと演劇は成立しない」 コロナ禍で痛感

    長塚圭史「観客と対面しないと演劇は成立しない」 コロナ禍で痛感

    週刊朝日

    4/13

  • 「同調圧力」に異を唱える 作家・演出家、鴻上尚史の変わらない本質とは<現代の肖像>

    「同調圧力」に異を唱える 作家・演出家、鴻上尚史の変わらない本質とは<現代の肖像>

    AERA

    2/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す