清原果耶の朝ドラ「おかえりモネ」にウォッチャー「無言多め展開遅め」とモヤる (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

清原果耶の朝ドラ「おかえりモネ」にウォッチャー「無言多め展開遅め」とモヤる

連載「てれてれテレビ」

カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ#ドラマ
カトリーヌあやこ・漫画家&TVウォッチャー

カトリーヌあやこ・漫画家&TVウォッチャー

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「おかえりモネ」(NHK総合 月~土曜8:00~ほか)をウォッチした。

【イラスト】モヤッと感の朝ドラ「おかえりモネ」

*  *  *
 令和年代が初めて描かれるという朝ドラのヒロインは永浦百音(清原果耶)。「モモネ」の愛称は「モモ」ではなく「モネ」。

 宮城県気仙沼湾沖の島で育ち、登米市の森林組合に就職したモネが、やがて気象予報士を目指し上京するという物語。

 この朝ドラ、ちょっと不思議だ。たいてい朝ドラは、セリフに情報が詰め込まれている。出勤や登校、家事などあわただしい時間。時計代わりのテレビ画面に集中しなくても、だいたい話の筋がわかるように出来ているのが朝ドラだ。

 しかし、この「おかえりモネ」はものすごく余白がある。セリフが無いまま、音楽が流れる場面が多め。ヒロインは語らない。木にも登らなければ、池や川にも落ちない(木登り&水に転落は朝ドラあるある事案)。

 モネは空をながめる(無言)。森林をみつめる(無言)。朝日をあびる(無言)。そしてなんか画面がモヤってる。

 山にたちこめる霧、水面に立ちのぼる気嵐(けあらし)。自分の部屋でたそがれてる時にも、フワフワ漂うスモークが。蚊取り線香でもたいてんのかーい。

 なんなの、このモヤり具合。印象派なの? モネだけに。朦朧(もうろう)体なの? モネだけに(どうしても2回言いたかった)。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい