秋篠宮さまが眞子さまへ「結婚することを認めるということです」【誕生日会見の全文1】 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

秋篠宮さまが眞子さまへ「結婚することを認めるということです」【誕生日会見の全文1】

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
秋篠宮さま(2019年11月の会見時の写真)(C)朝日新聞社

秋篠宮さま(2019年11月の会見時の写真)(C)朝日新聞社

2017年9月の婚約内定会見での眞子さまと小室圭さん(C)朝日新聞社

2017年9月の婚約内定会見での眞子さまと小室圭さん(C)朝日新聞社

仲がいい眞子さまと佳子様(C)朝日新聞社

仲がいい眞子さまと佳子様(C)朝日新聞社


 
 11月30日、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となって初めての誕生日を迎えた。だが、55歳の誕生日を迎えるにあたり、11月20日に赤坂東邸で行った記者会見で飛び出したのは、長女、眞子さまと小室圭さんについて「結婚を認める」という発言だった。皇族として、だが同時に娘の幸せを願う父親として、複雑な胸中が滲む会見の一問一答。その全文を掲載する。

【写真】眞子さまと佳子さまの珍しいツーショット
◆  ◆  ◆

宮内記者会代表質問
(問1)「立皇嗣の礼」が、11月8日に執り行われました。新型コロナウイルスの感染拡大で、儀式の日程や内容は大きな影響を受けましたが、諸儀式に臨まれた感想とともに、改めて皇位継承順1位の皇嗣となったお心構えをお聞かせください。

殿下 11月8日に立皇嗣の礼が行われました。本来は春に行われる予定だったわけですけれども、COVID-19の感染が拡大し、それで延期になっていたわけですね。私自身、この秋に、11月に行うという時に、これから寒い時期に向かって、COVIDとインフルエンザの両方の流行が考えられるときに少しそのことは気にはなっていましたけれども、これ自体は国事行為でありますので、私が何か言うことではもちろんないわけですね。それですので決められたことに従って臨みました。そうですね、昨年から行われていた即位礼関連の儀式、これが一連のものが終了したわけでありますけれども、そのことに安堵しております。

 今、御質問にあったもう一つのことについてですけれども、私自身は生まれてから今まで個体として同じ秋篠宮文仁なわけですね、それでずっと来ています。したがって、何か区切り、節目があったから変わるということではないわけですけれども、私自身は以前と変わらず一つ一つのことを大切に務めていきたいと思っております。そしてまたこれも昨年もお話ししたことかと思いますけれども、やはり人間はできることなら進歩していくことが大切だと思っておりますので、そのことも常に頭に置きながら過ごしていきたいと思っております。

 一つだけ今回、宣明の儀の後に宮中三殿にお参りをいたしました。今後は三殿でお参りをすることになるわけですけれども、私にとって今回が多分4回目なんですね。着袴の儀があった後と、成人の時と結婚の時で(今回は)4回目なわけですけれども、今後こちらでお参りすることになるのだなということで気持ちを新たに致しました。以上です。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
    関連記事関連記事

    あわせて読みたい あわせて読みたい