離婚秒読み? メラニア夫人が待ち望むトランプ大統領からの「解放」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

離婚秒読み? メラニア夫人が待ち望むトランプ大統領からの「解放」

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩下明日香週刊朝日
メラニア夫人とトランプ大統領(C)朝日新聞社

メラニア夫人とトランプ大統領(C)朝日新聞社

 米国のドナルド・トランプ大統領が、いよいよ「土俵際」に追いやられている。11月14日現在も大統領選の敗北を認めず法廷闘争に闘志を燃やしているが、メラニア夫人や娘婿のクシュナー上級顧問はすでにトランプ氏に敗北を受け入れるように助言したと報じられている。

 そんな中、メラニア夫人がトランプ氏との離婚を考えているという驚きのニュースも飛び込んできた。

 英タブロイド紙「ザ・サン」は、トランプ大統領の元補佐官で、2018年に暴露本を出版したオマロサ・マニゴールト氏の証言として、「メラニア夫人は大統領の任期が終了し、離婚できるようになるのを指折り数えて待っている」と報じた。 

 また、英タブロイド紙「デイリー・メール」は、メラニア夫人の元顧問であるステファニー・ウォルコフ氏の話として、メラニア夫人がトランプ氏との間の唯一の実子であるバロン君への財産分与を平等にするよう交渉していたことや、ホワイトハウスでの寝室をトランプ氏と別にしていたことなどを報じた。

 トランプ大統領の3番目の妻で、ユーゴスラビア(現・スロベニア)出身の元モデルという経歴からも注目されてきたメラニア夫人。夫婦の間で、何が起きているのだろうか。海外王室や要人外交に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏は言う。

「メラニア夫人はトランプ氏よりも24歳年下。元モデルという華々しい経歴からも、トランプ氏にとっては男性が社会的成功を成しえた証として欲しがる『トロフィーワイフ』的な存在ではないかと言われてきました。実際、夫にアドバイスをするような場面はあまり見られず、美しい姿でそばに立っていることだけが期待されているようでしたし、彼女自身、その役割を忠実に果たしてきたように見えます」

 ファーストレディという役割への意識を問われたこともあった。2018年6月、米テキサス州にある子どもの移民の収容施設を訪れた際、着用していたジャケットに「私には本当にどうでもいい。あなたは?」との文字があり、誰に向けたメッセージなのか波紋が広がった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい