同性愛者演じた宮沢氷魚「服を見せるように役を見せる」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

同性愛者演じた宮沢氷魚「服を見せるように役を見せる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
工藤早春週刊朝日
宮沢氷魚(みやざわ ひお)/1994年、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。「MEN’S NON-NO」(集英社)の専属モデル。2017年、テレビドラマ「コウノドリ」第2シリーズ(TBS系)で俳優デビュー。以後、ドラマ「トドメの接吻(キス)」「僕の初恋をキミに捧ぐ」「偽装不倫」、映画「映画 賭ケグルイ」などに出演。初主演映画「his」は1月24日から新宿武蔵野館ほかで全国公開。[COVER STAFF 撮影/木村哲夫、ヘアメイク/秋月庸介(traffic)、スタイリング/秋山貴紀、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力 RIVORA(ニット)、URU(シャツ)]

宮沢氷魚(みやざわ ひお)/1994年、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。「MEN’S NON-NO」(集英社)の専属モデル。2017年、テレビドラマ「コウノドリ」第2シリーズ(TBS系)で俳優デビュー。以後、ドラマ「トドメの接吻(キス)」「僕の初恋をキミに捧ぐ」「偽装不倫」、映画「映画 賭ケグルイ」などに出演。初主演映画「his」は1月24日から新宿武蔵野館ほかで全国公開。[COVER STAFF 撮影/木村哲夫、ヘアメイク/秋月庸介(traffic)、スタイリング/秋山貴紀、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力 RIVORA(ニット)、URU(シャツ)]

 ファッション誌の専属モデルとして活躍しながら、俳優としても注目される宮沢氷魚さん。初主演の映画では同性愛者の迅(しゅん)を演じた。恋人役の藤原季節さん(27)との濃厚なラブシーンなど、高い演技力が求められる役だった。

【宮沢氷魚さんのフォトギャラリーはこちら】

「最初は自然に演じられるか悩みました。でも迅を演じるにつれ、ひとりの人間が人間に恋をして愛する物語なんだと、男も女も関係ないと思えて」

 迅は、宮沢さんいわく「恋人でも目も合わせない。相手ののどぼとけを見ているような」男だが、表情からは、気持ちが手にとるように伝わる。

「迅は派手なことはしない。見ている人には言葉以外で愛情や悲しみを感じさせなければいけないので、難しかったです」

 迅の味方になってくれる老人役の鈴木慶一さん(68)との場面も印象的だ。

「キツイ場面もあったりするので、撮影中落ち込むこともあったんです。鈴木さんと一緒のシーンがあると、なんでも受け入れてくれる包容力というか、安心感のある方なので、心が楽になりました」

 難しい役になりきれたことで、自信を得た。今後は俳優の仕事が増えそうだ。

「モデルも俳優も表現する点では同じ。洋服の見せ方をたくさん持つように、俳優としても演技の幅を広げたいです」

(本誌・工藤早春)

週刊朝日  2020年1月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい