ブラック・ジャックが現代に! “天才外科医×最先端医療”どう描く? 

2019/09/02 11:30

 手塚治虫が描いた孤高の天才外科医が現代によみがえったら──。7月に出版された『小説ブラック・ジャック』(誠文堂新光社)は「AI」「iPS細胞」「終末医療」など現代的なテーマのもと、手塚マンガの人気キャラクターが復活したと話題を呼んでいる。進化する最先端医療はどこまで患者を救うのか。著者の瀬名秀明さんに聞いた。

あわせて読みたい

  • iPS細胞を使った夢の治療 眼の病気で初の実用化が進む理由

    iPS細胞を使った夢の治療 眼の病気で初の実用化が進む理由

    週刊朝日

    4/14

    山中伸弥「iPS細胞でコロナウイルスを克服、健康寿命も延ばす」

    山中伸弥「iPS細胞でコロナウイルスを克服、健康寿命も延ばす」

    週刊朝日

    2/19

  • iPS細胞作製成功から15年 夢の技術から「身の丈に合った規模に」

    iPS細胞作製成功から15年 夢の技術から「身の丈に合った規模に」

    週刊朝日

    2/21

    心臓外科医・南淵氏 「『ブラック・ジャック』は医療の『現場賛歌』です」

    心臓外科医・南淵氏 「『ブラック・ジャック』は医療の『現場賛歌』です」

    週刊朝日

    4/23

  • 夏休み特別企画 ロボットと人工知能を知る24冊(後編)

    夏休み特別企画 ロボットと人工知能を知る24冊(後編)

    週刊朝日

    8/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す