ママ友は「いません」 芥川賞作家・今村夏子の素顔とは?

2019/07/24 11:30

「とても手の届かないものだと思っていた」。はにかみ屋の作家が歓喜の心境を明かした。第161回芥川賞に輝いた『むらさきのスカートの女』(小説トリッパー春号/朝日新聞出版)。淡々とした日々に不穏な空気を漂わせ、クスッと笑わせる。そんな作品の魅力と、今村夏子さんの横顔を追った。

あわせて読みたい

  • 芥川賞受賞作『むらさきのスカートの女』が謎過ぎる? ファンと編集担当者が読み解く今村夏子ワールドの深み

    芥川賞受賞作『むらさきのスカートの女』が謎過ぎる? ファンと編集担当者が読み解く今村夏子ワールドの深み

    dot.

    9/4

    【芥川賞発表】アルバイトを“クビ”になり、小説を書き始めた ――新・芥川賞作家の今村夏子が作家になるまで

    【芥川賞発表】アルバイトを“クビ”になり、小説を書き始めた ――新・芥川賞作家の今村夏子が作家になるまで

    dot.

    7/17

  • 六本木の夜に

    六本木の夜に"むらさきのスカートの女"集結!!今村夏子『むらさきのスカートの女』芥川賞受賞記念 読書会「むらさきの夕べ」開催

    8/8

    今村夏子の新作は「読む側によって姿を変えるおそるべき小説」

    今村夏子の新作は「読む側によって姿を変えるおそるべき小説」

    dot.

    6/7

  • デビュー後、沈黙した芥川賞受賞作家・今村夏子に再び筆を執らせた一言とは?

    デビュー後、沈黙した芥川賞受賞作家・今村夏子に再び筆を執らせた一言とは?

    AERA

    7/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す