新天皇にすり寄る安倍首相の思惑 政権に取り込まれない強さ必要 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新天皇にすり寄る安倍首相の思惑 政権に取り込まれない強さ必要

このエントリーをはてなブックマークに追加
永井貴子週刊朝日#安倍政権#皇室
国民に向けた初めての「おことば」を述べる天皇陛下と皇后陛下 (代表撮影)

国民に向けた初めての「おことば」を述べる天皇陛下と皇后陛下 (代表撮影)

 新しい皇室が目指すところとは。名古屋大大学院の河西秀哉准教授は「ヒントは平成の天皇のおことばにある」と指摘する。


 平成の皇室とはギクシャクしていた安倍政権ですが、令和の天皇陛下に対して異様なほど接近しています。安倍首相は、最初は2月22日、次は元号発表直前の3月29日、新元号発表後の4月8日といずれも東宮御所に皇太子だった陛下を訪ねて面会しています。1カ月余りで3回です。

 首相は天皇に、定期的に社会情勢を説明する「内奏」をします。ふつう、その事実すら伏せるものですが、首相の場合は、皇太子との面会の内容すらマスコミが把握していました。恣意(しい)的でしょう。そもそも「皇太子」に面会する必要があったのかという点も疑問です。

 新天皇は、「象徴天皇」として、政治と皇室の間に厳格な線引きを維持し、ブレない軸を持つ強さが必要になります。さもないと、たやすく政権に取り込まれてしまう危険性があります。

 では、令和における新しい皇室の役目とは何か。私は、昨年12月の平成の天皇の会見にヒントがあると見ています。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい