活字づくりにセルロイド人形…“絶滅危惧職”を担う名人の思い

2019/03/02 11:30

 何世代にもわたって磨かれた伝統の技術は「ものづくり大国・ニッポン」の基礎を作った。しかし、長く厳しい修業を経て一人前になる職人の育成システムが時代とマッチしなくなり、“タスキ”を渡すべき次世代が失われつつあるなか、最終走者となるかもしれない名人は何を思うのか──。

あわせて読みたい

  • 【写真特集】絶滅危惧職

    【写真特集】絶滅危惧職

    3/2

    「活版印刷」若者に人気 魅力は“コミュニケーション”?

    「活版印刷」若者に人気 魅力は“コミュニケーション”?

    週刊朝日

    1/30

  • インクを練りから始まる「活版印刷」 若い世代で再燃

    インクを練りから始まる「活版印刷」 若い世代で再燃

    AERA

    2/13

    知る人ぞ知る「人脈を生む」不思議な名刺

    知る人ぞ知る「人脈を生む」不思議な名刺

    AERA

    5/29

  • 修学旅行やフェスも? 若いデザイナーが活版印刷に注目

    修学旅行やフェスも? 若いデザイナーが活版印刷に注目

    AERA

    2/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す