村上虹郎「父・村上淳と母・UAを親として認めていなかった」幼少期の葛藤明かす (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

村上虹郎「父・村上淳と母・UAを親として認めていなかった」幼少期の葛藤明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村美絵週刊朝日

村上虹郎(むらかみ にじろう)/1997年生まれ、東京都出身。2014年、映画「2つ目の窓」でデビュー。同作で高崎映画祭最優秀新人男優賞受賞。映画「ディストラクション・ベイビーズ」(16年)でヨコハマ映画祭最優秀新人賞、「武曲 MUKOKU」(17年)で日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。主な出演作に映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(17年)、「ハナレイ・ベイ」(18年)、連続ドラマ「仰げば尊し」(16年)、「この世界の片隅に」(18年)などがある。映画「銃」が公開中。公開待機作に「チワワちゃん」(19年)がある。来年5月からの舞台「ハムレット」に出演予定。

撮影/馬場道浩 スタイリング/松田稜平
ヘア&メイク/森田康平
アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO

衣装協力 YOHJI YAMAMOTO(ヨウジヤマモト プレスルーム

村上虹郎(むらかみ にじろう)/1997年生まれ、東京都出身。2014年、映画「2つ目の窓」でデビュー。同作で高崎映画祭最優秀新人男優賞受賞。映画「ディストラクション・ベイビーズ」(16年)でヨコハマ映画祭最優秀新人賞、「武曲 MUKOKU」(17年)で日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。主な出演作に映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(17年)、「ハナレイ・ベイ」(18年)、連続ドラマ「仰げば尊し」(16年)、「この世界の片隅に」(18年)などがある。映画「銃」が公開中。公開待機作に「チワワちゃん」(19年)がある。来年5月からの舞台「ハムレット」に出演予定。

撮影/馬場道浩 スタイリング/松田稜平 ヘア&メイク/森田康平 アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO
衣装協力 YOHJI YAMAMOTO(ヨウジヤマモト プレスルーム

 どこか憂いを感じさせ、狂気をはらんだ繊細な役柄がよく似合う村上虹郎さん。取材中は少年のようによく笑い、自身について実にあっけらかんと話す。捉えがたい、多面的な魅力に引き寄せられる。

【カンフーのポーズやおちゃめな表情など 村上虹郎の写真をもっと見る(5枚)】

 主演映画「銃」は、昨年の夏、20歳の年に撮影された。演じたのは、偶然入手した銃の魅力に取りつかれた大学生・トオル。暴力シーンや濡れ場もある、狂気をはらんだ重い役だ。どんな思いで挑んだのか。

「ワクワクがとまらなかったです。3年ほど前、舞台の共演者から『虹郎にピッタリの役がある』と言われて原作を買ったのですが、読まないままだった。お話をいただいたときには、驚き以上に縁を感じました。トオルは純粋に武器に溺(おぼ)れるから、まっすぐに演じればいい。自分との距離が近くて、難しさは感じませんでした。僕だけでなく、監督もスタッフさんも、現場の誰もがトオルとしてその場にいたような気がします」

 今作では父・村上淳と2度目の共演を果たした。物語のなかで、トオルは父が演じる人物に銃を向ける。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい