樹木希林さんが孫のスカウトを心配し、モックンに相談 生島ヒロシ明かす (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

樹木希林さんが孫のスカウトを心配し、モックンに相談 生島ヒロシ明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
多田敏男週刊朝日#お悔やみ

樹木希林さんとの秘話を明かした生島ヒロシさん(左から2人目)。生島さんの息子でプロダンサーの生島翔さん(左端)。右の2人は夫婦ボーカルユニット「ETERNAL JOURNEY(エターナル・ジャーニー)」

樹木希林さんとの秘話を明かした生島ヒロシさん(左から2人目)。生島さんの息子でプロダンサーの生島翔さん(左端)。右の2人は夫婦ボーカルユニット「ETERNAL JOURNEY(エターナル・ジャーニー)」

生島ヒロシの事務所にスカウトされた雅樂さん (C)GettyImages

生島ヒロシの事務所にスカウトされた雅樂さん (C)GettyImages

 9月15日に都内の自宅で75歳で亡くなった女優の樹木希林さん。全身にがんがあることを公表しながらも、最後まで映画などの第一線で活躍していた。その樹木さんの孫を巡る秘話を、フリーアナウンサーの生島ヒロシさん(67)が明かしてくれた。

【生島ヒロシの事務所にスカウトされた雅樂さんはこちら】

 生島さんは樹木さんを生前、何回かインタビューしたことがあるという。

「希林さんは独特の雰囲気があって、会う前は緊張するんです。でも、実際に会うと優しくて、いろんな話をしました。過去に生放送で仕事を一緒にしたことも、覚えてくれていました」

 温かい人柄は芸能界でも慕われていたが、生島さんは、孫の内田雅樂(うた)さん(20)を巡って「直談判」されそうになったという。樹木さんと内田裕也さん(78)の娘が内田也哉子(42)さん。その内田也哉子さんと本木雅弘さん(52)の長男が雅樂さんだ。芸能一家で育ち、「UTA」名義でモデルとしてもデビューしている。

 生島さんの事務所の副社長が、昨年1月ごろ東京・渋谷の近辺で、「長身でオーラが違う青年」をたまたま発見。スカウトすべく思わず声をかけたという。それが雅樂さんだった。そうとは知らない副社長は、連絡先を伝え期待して待っていたという。

 そうすると、樹木さんから「うちの孫をスカウトしたそうね。どこの事務所かと思って」と生島さん側に連絡があったという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい