島民の3分の1が死亡…封印された沖縄「秘密戦」の実態

2018/08/24 07:00

 太平洋戦争末期、軍の命令でマラリアの島に送られ、住民の3分の1が亡くなった波照間島の話を知っていますか? 先月末ミニシアターで公開されたドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」が立ち見が出るほどの反響だ。長期にわたる綿密な取材で貴重な証言を掘り起こし、封印されてきた沖縄「秘密戦」の実態を明らかにしていく。

あわせて読みたい

  • もう一つの沖縄戦

    もう一つの沖縄戦 "戦争マラリア" を知っていますか?

    BOOKSTAND

    7/11

    コロナ禍の今読みたい!

    コロナ禍の今読みたい!"ひめゆり"だけじゃない沖縄戦75年目の真実、国家による壮絶マラリア禍

    BOOKSTAND

    6/22

  • 住民による住民虐殺… 沖縄戦の取材続ける映画監督がみた、戦争がもたらす「集団狂気」の恐怖

    住民による住民虐殺… 沖縄戦の取材続ける映画監督がみた、戦争がもたらす「集団狂気」の恐怖

    AERA

    8/15

    「捨て石の捨て石」沖縄戦で招集された少年ゲリラ兵「護郷隊」の真実

    「捨て石の捨て石」沖縄戦で招集された少年ゲリラ兵「護郷隊」の真実

    AERA

    6/30

  • 「過去から学び行動すること」 気鋭のジャーナリストが記した戦争と日本の「裏の顔」

    「過去から学び行動すること」 気鋭のジャーナリストが記した戦争と日本の「裏の顔」

    AERA

    4/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す