結婚よりも世界一周がしたかった? ある編集者夫婦の場合 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

結婚よりも世界一周がしたかった? ある編集者夫婦の場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#男と女
松岡絵里(まつおか・えり)(右)/1976年、京都府生まれ。小学校時代を台湾、フィリピンで過ごす。早稲田大学社会科学部在学中に旅に目覚め、アジア各地を放浪。出版社勤務を経て2002年に結婚。16年から船旅雑誌「CRUISE」編集長を務め、現在は育休中。著書に、世界各地の市場を紹介した『世界の市場』(国書刊行会)、『世界も驚くニッポン旅行100』(友和さんとの共著、PHP研究所)などがある。吉田友和(よしだ・ともかず)(左)/1976年、千葉県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。出版社に就職。2002年に結婚し、「世界一周新婚旅行」に出発するため、寿退社。同年7月から1年8カ月間かけて世界一周をし、05年に絵里さんと共著で『世界一周デート トモ&エリの607日間ハネムーン』を出版。旅行作家として国内外を旅しながら執筆を行う。近著に『東京発 半日旅』(ワニブックス【PLUS】新書)、『沖縄プチ移住のススメ』(光文社知恵の森文庫)などがある。(撮影/写真部・小山幸佑)

松岡絵里(まつおか・えり)(右)/1976年、京都府生まれ。小学校時代を台湾、フィリピンで過ごす。早稲田大学社会科学部在学中に旅に目覚め、アジア各地を放浪。出版社勤務を経て2002年に結婚。16年から船旅雑誌「CRUISE」編集長を務め、現在は育休中。著書に、世界各地の市場を紹介した『世界の市場』(国書刊行会)、『世界も驚くニッポン旅行100』(友和さんとの共著、PHP研究所)などがある。
吉田友和(よしだ・ともかず)(左)/1976年、千葉県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。出版社に就職。2002年に結婚し、「世界一周新婚旅行」に出発するため、寿退社。同年7月から1年8カ月間かけて世界一周をし、05年に絵里さんと共著で『世界一周デート トモ&エリの607日間ハネムーン』を出版。旅行作家として国内外を旅しながら執筆を行う。近著に『東京発 半日旅』(ワニブックス【PLUS】新書)、『沖縄プチ移住のススメ』(光文社知恵の森文庫)などがある。(撮影/写真部・小山幸佑)

 16年前、新婚旅行で世界一周をした吉田友和さんと松岡絵里さん。夫は旅行作家で編集者、妻はライターで編集者。607日間の旅の様子をリアルタイムでホームページにアップし、帰国後は本として出版。仕事も人生も「旅一色」になった二人の道のりとは。

*  *  *
夫:最初に会ったのは大学1年のとき。サークルが一緒だったんです。

妻:旅行サークルじゃなくて音楽のサークル。それに当時は付き合っていたわけじゃなく、単なるサークル仲間でした。

――妻は小学校時代を台湾とフィリピンで過ごし、学生時代もバックパッカーとして世界を回っていた。一方、夫は海外旅行の経験ゼロ。趣味は音楽とゲームという完全なインドア派だった。

夫:僕は高校時代からDJをやっていて、当時は音楽しか興味がなかった。

妻:海外旅行なんてぜんっぜん興味なかったもんね。私がインドやタイに行った話をしても「へえ」って。

夫:まったく響いていなかった(笑)。

妻:卒業後はしばらく疎遠だったんですが、3年目に再会したら、偶然どちらも出版社勤務だったんです。私は音楽雑誌で、彼はIT系雑誌で。

夫:どちらも深夜1時に打ち合わせが終わるような生活だったので、そこから遊びに行くようになった。時間帯が合ったんだよね。

妻:それが大きかったね。再会して1カ月後には「結婚しよう!」って。完全に勢いでした。

夫:どちらかというと、「結婚」そのものより、結婚パーティーと新婚旅行がしたかった(笑)。

妻:私は学生時代、フィリピンで世界一周をしている人に会ったんです。その人は家も車も処分して旅に出たと言っていた。「そんなことができるんだ! 私もいつか長い旅行をしてやろう」と虎視眈々と狙ってた。

夫:だから僕がノリで「新婚旅行、世界一周でもしちゃう?」と言ったら……。

妻:「実はずっとしたかったんだよねー!」って。

――こうして二人は結婚と同時に会社を“寿退社”し、一人200万円の軍資金で世界一周ハネムーンへと旅立った。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい