石田ゆり子はアラフィフ女性に人気 輝く“2番手”の生き方 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石田ゆり子はアラフィフ女性に人気 輝く“2番手”の生き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
山内リカ週刊朝日
48歳という年齢を感じさせないのも魅力のひとつ(c)朝日新聞社

48歳という年齢を感じさせないのも魅力のひとつ(c)朝日新聞社

 なぜ今、石田ゆり子(48)なのか。1月末に発売されたフォトエッセー『Lily─日々のカケラ─』(文藝春秋)は発売2週間で20万部を突破。47歳の誕生日に始めたインスタグラムのフォロワー数は、140万人を超える。取材を通じて見えてくるのは、“2番手”という存在価値だ。放送作家の山田美保子さんは言う。

「若いころの石田さんというと“石田ひかりのお姉さん”。妹さんと違って主演でバリバリやってきた人じゃないから、2番手、3番手でもこだわらない。そんなスタンスが、いい意味で仕事の幅を広げているのではないでしょうか」

 支持するのは、書籍の購買層の中心であるアラフィフ女性。彼女たちの肩の荷を下ろしたのが石田の存在、と指摘するのは、目白大学名誉教授で社会心理学者の渋谷昌三さんだ。

「これまでは競争社会でバリバリ働き、自己主張する女性がかっこよく、それを目指す女性が多かった。それが、石田さんのように控えめで自分からは主張しないけれど、芯がある女性の魅力に気付いた。そういう生き方でもいいんだと思うようになったのでしょう」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい