津田大介「機械任せは許されないポータルの責任」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「機械任せは許されないポータルの責任」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田大介週刊朝日#津田大介

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

平昌冬季五輪アイスホッケー女子で、北朝鮮と合同チームを結成したことで批判が高まっている韓国の文在寅大統領(c)朝日新聞社

平昌冬季五輪アイスホッケー女子で、北朝鮮と合同チームを結成したことで批判が高まっている韓国の文在寅大統領(c)朝日新聞社

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。韓国のポータルサイト「ネイバー」に起きた事件とその影響を解説する。

【写真】南北合同チーム結成を巡り批判が高まっている韓国の文在寅大統領

*  *  *
 韓国で70%のシェアを占める最大手のポータルサイト「ネイバー」。検索サイトとして高い人気を誇り、多数の提携メディアから提供された記事を掲載する「ネイバーニュース」が広く利用されている。そんなネイバーニュースに掲載された一つの記事を巡って大騒動が起きている。

 現在韓国世論を揺るがしているアイスホッケー女子の南北合同チームの記事が掲載された際、そのコメント欄に文在寅(ムンジェイン)大統領を強い口調で非難するコメントが投稿され、それに多数の「いいね」がつけられたのだ。

 与党「共に民主党」の秋美愛(チュミエ)代表は1月17日、ネイバーのコメント欄には「個人攻撃や暴言、憎悪」があふれており、それを「黙認、幇助(ほうじょ)するネイバーも同罪だ」と名指しで強く非難。さらに、文大統領への批判コメントにつけられた「いいね」などの合計が記事の表示回数を上回っていたことから、批判コメントを上位に表示するために水増ししたのではないかとの疑惑が政権支持者の間で広がった。批判にさらされたネイバーは19日、この疑惑を解消するとして自ら警察に捜査を依頼。内部調査ではなく外部の捜査機関に委ねることで、火消しを図った格好だ。

 こうした批判が過熱する背景には、ネイバーによる世論操作疑惑がある。ネイバーニュースは100以上の提携メディアから提供される記事を選別し、1日に約200記事をトップページに掲載しているのだが、その配置や選定が政治的に偏向しているとの批判が右派・左派双方から上がっていた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい