田原総一朗「枝野幸男が小沢一郎と因縁を乗り越え、極秘会談した理由とは?」

ギロン堂

田原総一朗

2018/01/29 07:00

 希望の党と民進党が進めていた統一会派構想が白紙となった。「一強多弱」体制を揺さぶるべき野党がバラバラでは、安倍晋三首相の神経が緩むばかりだ。安倍首相の神経が緩みすぎて森友・加計問題が起き、野党勢力が増大すると期待したのだが、両党の議員は何を考えているのか。怒りとあきれで収拾がつかなくなっていたとき、立憲民主党の枝野幸男代表と自由党の小沢一郎代表が会談したという情報を得た。

あわせて読みたい

  • 立憲・枝野代表、実は「改憲」派 “排除”した過去も…

    立憲・枝野代表、実は「改憲」派 “排除”した過去も…

    週刊朝日

    11/1

    細野電撃訪中と対中工作の全貌

    細野電撃訪中と対中工作の全貌

    週刊朝日

    10/7

  • 田原総一朗氏 仙谷氏は「政権党の政治」をやった唯一の民主党議員と評す
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗氏 仙谷氏は「政権党の政治」をやった唯一の民主党議員と評す

    週刊朝日

    1/7

    前原圧勝の決め手は「共産党以外の野党」との選択肢

    前原圧勝の決め手は「共産党以外の野党」との選択肢

    dot.

    9/1

  • 小池氏の出馬はまだある「希望」の先にある「野望」

    小池氏の出馬はまだある「希望」の先にある「野望」

    AERA

    9/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す