dot.[ドット]

東京ガスに“天下った”現練馬区長 追及された議事録が抹消の怪

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

現練馬区長の前川氏 (c)朝日新聞社

現練馬区長の前川氏 (c)朝日新聞社

 本誌は昨年10月14日号で前川燿男(あきお)練馬区長の「天下り」問題を取り上げた。

 元都職員の前川氏は東京都知事本部(局)長だった02年7月に「豊洲の土地を市場にすることの合意書」、05年5月に「豊洲における汚染土壌の処理方法についての確認書」に捺印。豊洲市場問題の責任者の一人だ。

 ところが05年7月に都を退職すると、2カ月後の同年9月に交渉相手の東京ガスに天下り。以後7年間、東ガスの執行役員を務めた後、14年4月、練馬区長に就任した。練馬区議会の会派「オンブズマン練馬」の土屋俊測(としひろ)区議がこう憤る。

「私は昨年の区議会で前川区長の天下りを追及する質問をしたんですが、途中で何度も自民党区議や議長からさえぎられ、議事録からも私の質問部分は抹消されてしまったんです」

 本誌は闇に葬られたこの質問文を入手。抹消された内容はこうだった。

「前川区長は、都在籍時代に、築地市場移転先である東京ガスの六価クロムなどの重金属で汚染された土地を購入した交渉責任者である。しかも、都を定年退職と同時に、その土地買収交渉相手である東京ガスに執行役員として天下りし、7年間の長きに渡って在籍した。一部に、公務員としてのモラルを疑われている」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加