尾木直樹「SMAPは自分たちの価値をわかっていない?」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

尾木直樹「SMAPは自分たちの価値をわかっていない?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#SMAP
解散は教育界にとっても大打撃?(※イメージ)

解散は教育界にとっても大打撃?(※イメージ)

 国民的アイドルグループ「SMAP」の年内解散が報じられた。紅白への参加や解散コンサートの告知もなく、5人そろわないまま幕切れとなる可能性が出てきた。教育評論家の尾木直樹氏がSMAPへの思いを寄せた。

*  *  *
 SMAPは、いまや教科書や参考書にも出てくるほど国民的な存在。各界から多くの惜しむ声が聞かれていますが、教育界にとっても大打撃です。

 SMAPは、常に社会的弱者の味方であり、若者の応援団でした。「世界に一つだけの花」は、多くの障害者の特別支援学校などで、「校歌」のような存在です。震災の支援活動にもいち早く参加し、その姿に勇気づけられた人も多かった。甲子園の入場行進曲にも2回、SMAPの曲が採用されていることが象徴しているように、頑張る若者に力強いエールを送る存在でもありました。本能的に人を引きつける魅力を持った類いまれな存在で、25年間の功績は言葉で言い表せないほど大きい。

 これまでSMAPとはテレビ番組で何度も共演してきました。中居君は本当に優しい人。テレビ慣れしていない僕に、MCとしてさっと助け舟を出してくれ、こちらの気持ちをすぐに察知して気を使わせないように動いてくれる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい