民・維新党より注目される、ゆるくない「民主くん」の胸中 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

民・維新党より注目される、ゆるくない「民主くん」の胸中

週刊朝日
枝野さんは、意外と女子力が高い?!(※イメージ)

枝野さんは、意外と女子力が高い?!(※イメージ)

「ボクは月見草です。一生陰ながらでも、新党を応援する月見草なんです」

 野村克也氏の名言をまねて、複雑な胸中を語るのは、民主党のゆるキャラ“民主くん”。にわかに動き出した民主党、維新の党の新党結成でいま、“解雇か出世か”が注目されている。

 2月26日に両党が合流で合意し、党名やロゴ、綱領などが一新される予定だ。そのため、民主党のロゴマークをモチーフにした民主くんも、お払い箱になる可能性があるのだ。

 民主くんは2007年、同党有志の発案で誕生。09年からツイッターを始め、自虐を交えてつぶやく姿が共感されて認知度を高めた。8年ほど非公認キャラの扱いだったが、昨年8月、ゆるキャラグランプリ出場のため、1千人の賛同を得て党の公認キャラに昇格。1747体中142位と上位約8%に入り、党の不人気ぶりとは対照的に、根強い人気が証明された。

 長妻昭代表代行は2月25日の会見で「(民主くんに)手厚い対応を」と言及。維新の松野頼久代表は3月3日の会見で「ある意味で最大の功労者。最高顧問として迎えたらどうか」と言い、大出世が見えたが、岡田克也・民主党代表は「新たな職場を見つけてもらいたい」とバッサリ。予断を許さない状況なのだ。

 ネット上には≪民主くん以外興味がわかない≫など、新党より注目が集まっているようだが、渦中の民主くんはどんな気持ちなのか。民主くんと飲み仲間で、同党青年委員長を務める黒岩宇洋衆院議員が、民主くんの耳打ちのように見えるテレパシーを代弁した。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい