下流老人 安倍政権の選挙対策バラマキ3万円は効果なし

下流老人

2016/01/19 07:00

 日本では「下流老人」が激増中だ。安倍政権は低所得の年金受給者に1人3万円の臨時給付金を配るというが、必要なのは選挙対策のバラマキではない。「貧困大国」と呼ばれるアメリカでは、じつは低所得者向けの公的扶助は結構整っている。月150ドルほどのフードスタンプ(食料クーポン)のほかに、連邦社会保障局(SSA)が運営し月額750~850ドル(約9万~10.2万円)が支給される補足的保障所得(SSI)、子どものいる困窮家庭への貧困家庭一時扶助(TANF)などがある。ジャーナリストの矢部武は日本には、下流老人へのセーフティーネットが必要だと訴える。

あわせて読みたい

  • 日本より救われている「貧困大国」アメリカの下流老人

    日本より救われている「貧困大国」アメリカの下流老人

    週刊朝日

    1/19

    高齢者の貧困問題 『下流老人』著者「希望に変える重要な年」

    高齢者の貧困問題 『下流老人』著者「希望に変える重要な年」

    週刊朝日

    1/7

  • 低所得・低学歴で不健康な状態に 生活不安でストレス、貧困で医療受けられず

    低所得・低学歴で不健康な状態に 生活不安でストレス、貧困で医療受けられず

    週刊朝日

    7/27

    下流老人…リーマンショック後、ドヤ街が低年齢化

    下流老人…リーマンショック後、ドヤ街が低年齢化

    週刊朝日

    6/25

  • 下流老人の復讐 年々増加する高齢者の犯罪

    下流老人の復讐 年々増加する高齢者の犯罪

    週刊朝日

    7/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す