「リニア」はまるで地上を走る飛行機!? 時速500キロ体験レポ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「リニア」はまるで地上を走る飛行機!? 時速500キロ体験レポ

このエントリーをはてなブックマークに追加
リニア中央新幹線「L0系」。中央制御で走行するため運転席がない(撮影/写真部・工藤隆太郎)

リニア中央新幹線「L0系」。中央制御で走行するため運転席がない(撮影/写真部・工藤隆太郎)

車内モニターには、トンネル内の様子と速度、走行距離が映し出される(撮影/写真部・工藤隆太郎)

車内モニターには、トンネル内の様子と速度、走行距離が映し出される(撮影/写真部・工藤隆太郎)

 手荷物検査を受け、金属探知機をくぐり、搭乗券を発券してチェックイン! まるで飛行機のような搭乗手続きだが、これから乗るのは「リニア中央新幹線」。そう、時速500キロで走る究極の高速鉄道である。

【リニア体験乗車、その他の写真はこちら】

 JR東海は9月22日、リニア中央新幹線の山梨リニア実験線(山梨県上野原市─笛吹市、42.8キロ)を報道各社に公開。記者は、初のお目見えとなる7両編成の最新車両「L0(エルゼロ)系」に乗り、「時速500キロの世界」を体験した。車内は東海道新幹線よりやや狭く1列4席のシート。

 いよいよスタート。タイヤを使って走りだしたリニアは、時速150キロ近くに達すると、タイヤを車体に格納して浮上走行に移行。後はぐんぐん加速し、小さな窓から時折見える風景が、あっという間に視界から消える。発車から2分ほどで時速500キロに到達。これに翼がつけば、空を飛んでしまうのではないかと思うほどの感覚を味わった。

 揺れが少し気になったが、スマホだって操作可能。JR東海は2027年の開業を目指し、完成すれば品川─名古屋を最速40分で結ぶことになるという。いま記者の通勤時間は約80分。将来、名古屋から都内へ「リニツー(リニア通勤)」、なんてことも夢ではなくなりそうだ。

週刊朝日  2014年10月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい