タイ代理母出産騒動 壮大な家族計画の目的は選挙に勝つため? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

タイ代理母出産騒動 壮大な家族計画の目的は選挙に勝つため?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 タイで代理母出産を依頼し、24歳にしてすでに計16人もの子どもを持ったとされるA氏(24)。地元紙バンコク・ポストによれば、渦中のA氏は昨夏、代理出産の仲介業者に「毎年10人の子どもをつくり、百人から千人の子どもをもうけたい」と説明したという。

 A氏が代理出産という手段で多くの子どもを望んだ理由は何か。元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。

「タイやカンボジアの農村では、中学生くらいの少女が10万円以下で売買され、都会で売春をさせられている現実がある。代理出産に100万円以上の費用を払い、ベビーシッターもつけている時点でおカネがかかりすぎており、人身売買の可能性は考えづらい」

 相続税対策という説もしっくりこないという。相続に詳しい長谷川裕雅弁護士が解説する。

「現在の日本の法律では、子どもが外国籍で親子が海外に居住している場合、親が海外で保有する資産には相続税がかからない。日本の相続税率は高いので、仮にA氏が親子ともに海外に居住し、資産も海外で保管して子どもに外国籍をとらせるならば、かなり課税を免れる。ただし、そもそも課税されないので、日本の相続税を免れる観点では16人も子どもを持つ意味を説明できません」

 バンコク・ポストの報道では、A氏に代理出産を仲介した仲介業者は、取材に対し、こう明かしている。

「なぜそんなに多くの子どもを望むのかとA氏に問うと、『投票のために大家族を持ち、日本での選挙に勝つ』と答えた。『世界のために私ができる最善のことは、たくさん子どもを残すこと』とも話していた」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい