慶応大の研究で近づいた? あのひみつ道具

2014/01/11 11:30

 22世紀からやってきたドラえもん。四次元ポケットから取り出す未来の道具は、どれも魅力的だった。もっとも、初登場の1969年は今から40年以上前。のび太を驚かせたひみつ道具も、今では似たものが出てきている。2014年のニッポンの科学技術は、ドラえもんが見せてくれた「未来の夢」に、どこまで近づけたのだろうか。

あわせて読みたい

  • 攻殻機動隊の「光学迷彩」が現実に? 東大大学院教授の挑戦

    攻殻機動隊の「光学迷彩」が現実に? 東大大学院教授の挑戦

    AERA

    1/11

    『攻殻機動隊』に刺激を受けた研究者たちが「人間」を拡張中

    『攻殻機動隊』に刺激を受けた研究者たちが「人間」を拡張中

    AERA

    4/8

  • 人の夢をのぞき見 ドラえもんの「ゆめグラス」に近づいた?

    人の夢をのぞき見 ドラえもんの「ゆめグラス」に近づいた?

    週刊朝日

    1/11

    テクノロジーは孤独を癒やす ドラえもんから考えるロボットの未来

    テクノロジーは孤独を癒やす ドラえもんから考えるロボットの未来

    AERA

    3/16

  • 「人間は完璧じゃないから憧れる」 ドラえもんがいつの時代も愛される理由

    「人間は完璧じゃないから憧れる」 ドラえもんがいつの時代も愛される理由

    AERA

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す