福島第一原発作業員、危険作業は5次下請け 3日で線量オーバーでポイ捨て

原発

2013/12/04 07:00

 福島第一原発で収束作業に関わった元作業員が、東京電力などに不当労働行為があったと、東京都労働委員会に救済命令の申し立てをした。そこで明らかになった衝撃の事実とは……。ジャーナリストの桐島瞬氏ほかが取材した。

あわせて読みたい

  • 福島第一原発下請け業者 危険手当払って日当を差し引く

    福島第一原発下請け業者 危険手当払って日当を差し引く

    週刊朝日

    12/5

    線量計の鉛カバー偽装を実際にやってみた

    線量計の鉛カバー偽装を実際にやってみた

    週刊朝日

    7/27

  • 白血病になった元原発作業員 「労災認定されても被曝との因果関係は証明されない」…怒りの訴訟

    白血病になった元原発作業員 「労災認定されても被曝との因果関係は証明されない」…怒りの訴訟

    AERA

    4/22

    「被曝労災認定第1号」で見えたフクシマの真実

    「被曝労災認定第1号」で見えたフクシマの真実

    週刊朝日

    10/29

  • 高線量の汚染土を道路脇に放置 「手抜き汚染」続報

    高線量の汚染土を道路脇に放置 「手抜き汚染」続報

    週刊朝日

    1/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す