上戸彩「いつもはツイッターで悪いことを書かれても平気だけど…」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

上戸彩「いつもはツイッターで悪いことを書かれても平気だけど…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 上戸彩には、どこか艶っぽさが出てきた。

 最近、自身の明るくて元気なイメージとは離れた役を演じるのが楽しいのだと言う。

「しめしめ、って思いますね。心の中で、皆に早く見てほしい、『私、そんないい子ちゃんじゃないんだよ~』って。意外性を見せたいのかもしれない」

 1983年放送のNHK連続テレビ小説「おしん」がこのほど映画化され、おしんの母を演じた。極寒の山形で川への入水シーンなど、女優として新境地を開いた、と言いたいところだが。

「この作品をやってよかったというのは、見た方の反応によってなので。いつもならツイッターとかで悪いことを書かれても平気で、逆に勉強になるので情報収集として見るのは好きなんです。でも、『おしん』は怖いですね」

 不安げな表情も、すっかり大人の女優の顔でした。

週刊朝日 2013年10月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい