20~30代前半の若者に多い「新型うつ病」は遊びの時に症状が軽いのがクセモノ

病気

2012/08/01 16:00

 典型的なうつ病の発症は、「きまじめで努力を惜しまない性格の人」に多いといわれてきた。だが、近年、趣味や遊びは楽しめても、仕事になると元気が出なくなる「新型うつ病」が増えている。この病気から回復するには、周囲の人の理解や協力が欠かせない。

あわせて読みたい

  • 「わがまま」ではなく病 アラサーに多い「ディスチミア親和型うつ病」

    「わがまま」ではなく病 アラサーに多い「ディスチミア親和型うつ病」

    週刊朝日

    8/2

    薬が効きづらいから治療が難しい「新型うつ病」

    薬が効きづらいから治療が難しい「新型うつ病」

    週刊朝日

    8/4

  • うつ病患者の3分の1が発症 「双極性障害」の怖さとは?

    うつ病患者の3分の1が発症 「双極性障害」の怖さとは?

    週刊朝日

    4/12

    実は年中「〇月病」だった!? 5月だけじゃないメンタル不調

    実は年中「〇月病」だった!? 5月だけじゃないメンタル不調

    AERA

    5/31

  • SNSの人間関係が原因か? 若者に多い“非定型うつ病”を医師が解説

    SNSの人間関係が原因か? 若者に多い“非定型うつ病”を医師が解説

    週刊朝日

    4/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す