King & Princeが5月17日発売のAERAの表紙に登場!カラーグラビア&インタビュー5ページも含め、撮影は蜷川実花 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

King & Princeが5月17日発売のAERAの表紙に登場!カラーグラビア&インタビュー5ページも含め、撮影は蜷川実花

巻頭特集は「発達障害 支援の現場」/「カップヌードル誕生50年」「投資信託『買っていい』『悪い』プロの結論」なども掲載

 5月17日発売のAERA 5月24日号の表紙に、デビュー3周年を迎え、7枚目のシングルリリースを控えたKing & Princeが登場します。全員がダークスーツに身を包み、蜷川実花と向き合いました。巻頭では「発達障害 支援の現場」を特集。「早期診断」は進んでも「早期支援」は不足しているとされ、孤立する親子や大人も少なくない発達障害ですが、科学的根拠に基づく「療育」や、生きづらさや困りごとをカバーするための工夫にたどり着くためのプログラムが広がり始めています。その最新事情をレポートします。さらに、今年発売50周年を迎えるカップヌードルの「普遍と革新」を取材。資産運用の「主役」になりつつある投資信託について、買うべきもの、買ってはいけないものをプロが指南する記事も掲載しています。

 King & Princeが初めてAERA表紙に登場したのは、2019年6月。デビューから1年を迎えた頃でした。あれから2年。再びの登場となった今回は、全員がダークスーツ姿でスタジオに集結。スタッフが2時間かけてくみ上げた艶やかで濃密なセットのなかで、蜷川実花のカメラと向き合いました。5ページにわたるカラーグラビア&インタビューでは、表紙で見せたクールな表情から一転、笑顔も見せたメンバー。ソロカットや横一列に並んだゴージャスなカットも掲載しています。

 撮影を終えたメンバーが口々に語ったのは、5月19日に発売する全編英語の新曲「Magic Touch」への思い。平野紫耀さんが「新しい僕らの世界観を見てもらいたかった。海外進出という目標は常に胸に秘めながらやっています」と言えば、神宮寺勇太さんが「King & Princeの姿を更新したい」とたたみかけ、岸優太さんが「重低音がいいのでウーファーで聞いて」と笑いをとるチームプレー。高橋海人さんが「MVではダンスをみてほしい。えげつないほどこだわった」と打ち明けると、永瀬廉さんも「僕ら史上一番時間がかかりましたからね」と納得の表情を見せました。互いの活躍やグループの今後に話が及んだ後、メンバーが「いまやりたい」と語ったこととは――。

 巻頭では、「発達障害 支援の現場」を特集しました。30人のクラスに2人はいるとされる発達障害の子どもたち。よく知られるようになって診断はつきやすくなった反面、支援は不足しているという状態が長く続いてきました。しかし今、アメリカやカナダで導入が進む、科学的根拠のある療育法として「ABA」という方式が日本でも広がりつつあります。特集では、ABA方式の療育プログラムを提供するNPOや、実際に療育を受けている親子に取材。具体的なノウハウを紹介しています。また、収納王子コジマジックとしても知られる整理収納アドバイザーの小島弘章さんが、発達障害のある長男との日々を初告白。長男の特性を受け入れるまで、4歳で言葉があふれ出すように話し始めたこと、「できない」と思ってしまうことのほとんどは、やり方を知らないだけで、やり方を教え環境を整えれば「できる」という気づき――。同じ境遇の家族には、多くのヒントが含まれているはずです。

 特集では、子どもだけではなく大人の発達障害にもスポットをあてました。子どもの頃は気づかなかった「生きづらさ」に大人になって直面するケースも増えています。「確定診断」でも「グレーゾーン」でも、日常生活での「困りごと」をどうカバーするのかを見つけ出すためのグループワーク、トレーニングなどについて取材。最近、あちこちで生まれている「当事者会」の効能についてもレポートしています。

 この号では、発売50周年を迎えるカップヌードルの「普遍と革新」も4ページにわたって特集。1971年に初めて発売されたものから84年のシーフードヌードル、91年のビッグ、99年のスケルトン、2012年のキング、19年のソルトオフ、そして今年登場したカップヌードルPRO高蛋白&低糖質まで、21種類の「カップヌードル」を一覧で掲載しているほか、その存在を日本中に知らせることになった重大事件、「3分」という時間の意味などについて、知る人ぞ知るトリビアを交えながらレポートしています。カップヌードルミュージアムをプロデュースしたクリエイティブディレクターの佐藤可士和さんのインタビューも掲載しました。

 資産運用の主役として定着しつつある投資信託ですが、6000本以上もある商品の中から初心者がいくつかを選び出すのは至難の業。金融のプロに、チェックすべき数字や注意すべきキーワードなどを取材し、比較的安全に運用できる30本をピックアップしてもらいました。こちらも必見の特集です。

 ほかにも、
・オンリーワン世代の眞子さまと小室さんを苦しめる「自分セカンド」
・ご当地からあげで妄想トリップ 定番の中津・カレー風味の新潟・味噌ピーの千葉…
・米独立リーグが導入した「投手泣かせ」の新ルール
・アナログレコードを目で見て手で触って聞ける贅沢
・吉田羊×ジェーン・スー 父親とか結婚とか死に際とか
・東京都医師会会長インタビュー「5月末に緊急事態解除なら五輪は絶望」
・森永卓郎「五輪中止をいえるのは小池百合子東京都知事だけ」
 などの記事を掲載しています。

AERA(アエラ)2021年5月24日増大号
特別定価:470円(本体427円+税10%)
発売日:2021年5月17日(月曜日)
https://www.amazon.co.jp/dp/B091F5RKSV


トップにもどる お知らせ一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい