給食で嫌いなものを残す息子に「無理に食べる必要はない」と父親 母親と意見対立に論語パパがアドバイス

子育ての悩みを「論語」で解決!

給食

2023/02/19 17:00

小学1年生の息子を持つ30代の父親。好き嫌いが多くて給食を残しがちな息子を、妻は「単なるわがまま」と言って改善させようとしますが、父親は自分自身が偏食なために「受けつけないものを無理に食べさせなくていい」と考え、意見が対立しています。「論語パパ」こと中国文献学者の山口謠司先生が、「論語」から孔子の格言を選んで現代の親の悩みに答える本連載。今回の父親へのアドバイスはいかに。

あわせて読みたい

  • 「7歳の息子の食べ残しを許す妻と意見が分かれる」 父親の悩みにアドバイスは?
    筆者の顔写真

    山口謠司

    「7歳の息子の食べ残しを許す妻と意見が分かれる」 父親の悩みにアドバイスは?

    dot.

    6/20

    娘に「父の日」をスルーされて寂しい父親 どうしたら家族に感謝されるのか“論語パパ”がズバリ!
    筆者の顔写真

    山口謠司

    娘に「父の日」をスルーされて寂しい父親 どうしたら家族に感謝されるのか“論語パパ”がズバリ!

    dot.

    6/19

  • 単身赴任の父親「将来、息子から尊敬されるか心配」 心がけるべきこととは?
    筆者の顔写真

    山口謠司

    単身赴任の父親「将来、息子から尊敬されるか心配」 心がけるべきこととは?

    dot.

    7/18

    息子の小学校の入学式、父親は仕事を休んで出るのが常識? 「行きたくない」父に“論語パパ”がズバリ
    筆者の顔写真

    山口謠司

    息子の小学校の入学式、父親は仕事を休んで出るのが常識? 「行きたくない」父に“論語パパ”がズバリ

    dot.

    3/20

  • ママ友不要派の妻のせいで「娘が孤独になったらかわいそう」 心配する父親に論語パパがアドバイス
    筆者の顔写真

    山口謠司

    ママ友不要派の妻のせいで「娘が孤独になったらかわいそう」 心配する父親に論語パパがアドバイス

    dot.

    1/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す