初めての生理、親がやるべきことは? 専門家に聞く「第二次性徴」の迎えかた

AERAwithKids

2022/11/10 16:00

 10歳前後になると、自分の意思とは関係なく、だんだんからだが変化していきます。どう対処していいかわからないし、まわりの人にもなんとなく聞きにくい……。「プレ思春期」の子どもは、こんなモヤモヤも感じ始めています。第二次性徴で徐々に訪れる子どものからだの変化について、産婦人科医の高橋幸子先生に聞きました。現在発売中の「AERA with Kids 2022年秋号」(朝日新聞出版)から一部抜粋して紹介します。

あわせて読みたい

  • 小学校中学年から始まる「前思春期」 対応を間違えると“子離れ”できない?

    小学校中学年から始まる「前思春期」 対応を間違えると“子離れ”できない?

    AERA

    9/14

    「パパ、臭い」「恥ずかしい」と父を嫌がる小5娘 ”プレ思春期”に悩む親に、専門家の答えは

    「パパ、臭い」「恥ずかしい」と父を嫌がる小5娘 ”プレ思春期”に悩む親に、専門家の答えは

    dot.

    11/17

  • 発達障害を持つ子どもの思春期 「自立や葛藤、孤立のサインを見逃さず成長を見守って」

    発達障害を持つ子どもの思春期 「自立や葛藤、孤立のサインを見逃さず成長を見守って」

    AERA

    4/12

    親が動じない、ごまかさないことが何より大事 家庭でできる「性教育」のコツ

    親が動じない、ごまかさないことが何より大事 家庭でできる「性教育」のコツ

    AERA

    12/16

  • 「生理がなくて一人前」!? 女性アスリートへの誤解、産婦人科スポーツ医が警鐘

    「生理がなくて一人前」!? 女性アスリートへの誤解、産婦人科スポーツ医が警鐘

    dot.

    2/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す