池上彰×保阪正康 第一次世界大戦とウクライナ侵攻が類似する「まさか」の事態

歴史道

2022/07/07 07:00

 大国が自らの権益を剥き出しに主張しつつある昨今。ロシアのウクライナ侵攻は、いやが応でも第二次世界大戦とその始まりを連想させる。発売中の『歴史道 Vol.22 第二次世界大戦の真実』(朝日新聞出版)では、最新刊『歴史の予兆を読む』を上梓したばかりの池上彰氏と保阪正康氏が、前(さき)の大戦の真相について語り合った。当代を代表する二人の論客は、世界大戦の「過去・現在・未来」をいかに考えたか?

あわせて読みたい

  • 池上彰「ロシアの歴史認識の違いはとても深刻」 保阪正康と語った第二次世界大戦の“真相”

    池上彰「ロシアの歴史認識の違いはとても深刻」 保阪正康と語った第二次世界大戦の“真相”

    dot.

    7/9

    保阪正康が語るウクライナ侵攻 停戦への近道は市民社会化だが「独裁を許容する」現実

    保阪正康が語るウクライナ侵攻 停戦への近道は市民社会化だが「独裁を許容する」現実

    AERA

    7/5

  • 「第二次世界大戦」中の和平交渉から学ぶ ロシアとウクライナの“妥結点”

    「第二次世界大戦」中の和平交渉から学ぶ ロシアとウクライナの“妥結点”

    dot.

    3/10

    世界の「終戦の日」は8月15日ではない!?  日付、呼び名、解釈が異なる世界の「終戦の日」

    世界の「終戦の日」は8月15日ではない!?  日付、呼び名、解釈が異なる世界の「終戦の日」

    tenki.jp

    9/1

  • ウクライナ侵攻「川」をめぐる攻防戦 「史上最大の作戦」「レマゲン鉄橋」映画が伝えるチョークポイント

    ウクライナ侵攻「川」をめぐる攻防戦 「史上最大の作戦」「レマゲン鉄橋」映画が伝えるチョークポイント

    dot.

    5/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す