テロ組織に利用されて祖国マリを追われた元市役所職員が日本の入管で受けた「仕打ち」

難民に認められない 後編

マリ

2022/04/28 08:00

祖国を離れなければならない事情を抱え、日本にたどり着いた人たちがいる。日本の難民認定率1.2%(2020年)という壁に打ちのめされながらも、必死に命をつなぎ、日本で平穏に暮らせる日を待ち続けている。日本で不自由な生活を強いられる彼らが、帰りたくても祖国に戻れない理由は何なのか。「前編」では、民主化運動で祖国ミャンマーを追われた少数民族ロヒンギャの男性の足跡をたどった。今回は意図せずテロ組織の活動に加わってしまったがゆえ、西アフリカのマリから逃げざるを得なくなったKさん(40代男性)のケースを紹介する。

あわせて読みたい

  • 「入管に人生をめちゃくちゃにされた」不安と恐怖でうつ発症も 収容経験者たちが証言

    「入管に人生をめちゃくちゃにされた」不安と恐怖でうつ発症も 収容経験者たちが証言

    AERA

    12/17

    「難民になりたくない」ウクライナに両親は留まった 日本の受け入れ数325人が示す避難の壁

    「難民になりたくない」ウクライナに両親は留まった 日本の受け入れ数325人が示す避難の壁

    dot.

    4/1

  • 映画監督が追った日本のクルド人“難民”「絶望するさまを見るのはつらかった」

    映画監督が追った日本のクルド人“難民”「絶望するさまを見るのはつらかった」

    週刊朝日

    7/10

    ミャンマーで拷問を受けて日本に逃げてきたロヒンギャ男性 帰る場所がないのに「難民」になれない苦悩

    ミャンマーで拷問を受けて日本に逃げてきたロヒンギャ男性 帰る場所がないのに「難民」になれない苦悩

    dot.

    4/28

  • 直木賞作家・中島京子さん ウクライナからの避難民受け入れで感じる難民政策の「ダブルスタンダード」

    直木賞作家・中島京子さん ウクライナからの避難民受け入れで感じる難民政策の「ダブルスタンダード」

    dot.

    3/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す