小島よしおが「ついウソをついてしまう」と悩む小3男子に教える「いいウソ・悪いウソの違い」とは

ボクといっしょに考えよう

小島よしお

2022/04/22 16:00

小島よしおさん「ボクといっしょに考えよう」(撮影/松永卓也=写真映像部)
小島よしおさん「ボクといっしょに考えよう」(撮影/松永卓也=写真映像部)

「ついウソをついてしまう」という相談を送ってきてくれたのは小学3年生の男の子。数多くの子ども向けライブを開催し、YouTubeチャンネル「おっぱっぴー小学校」も大人気の小島よしおさんが子どもの悩みや疑問に答えるAERA dot.の本連載。「ウソには種類がある」という小島さんが提案するウソの使い方とは?

【要チェック!】ウソをついた子どもに言ってはいけないNGワード

*  *  *

【よしおの答え】
 きりくん、ウソをついてしまうということを正直に話してくれてありがとう! どんなウソをついてしまうのかはわからないけど、よしおにわざわざ相談を送ってきてくれたということは、何か苦しいことがあったのかな?

 よしおも小学生のころ、よくウソをついていたなあ……。たとえば、宿題をやっていないのに「宿題やったけど家に忘れました」とか、手を洗っていないのに「洗いました」とか、掃除してないのに「掃除しました」とか。

 大人になってからも、よくやったよ。寝坊してテレビ収録の仕事現場に到着する時間に遅刻したときには「電車が遅延していました」とか、「マネージャ―から入り時間を聞いていませんでした」とかね。さすがに今はもうこういうウソはつかないけど(笑)。自分の身をとっさに守るウソっていうのかな。怒られたくないっていう心理なんだろうね。

■ウソには種類がある?

 そもそも、ウソって悪いものばかりなのかな? ウソについて考えてみたんだけど、ウソには2種類あるんじゃないかな、って思ったよ。ひとつは、いま話したような自分のためにつくウソ。それは、自分の身を守るためのものだね。他には詐欺とか、誰かをだまして自分が得をするようなものも同じジャンルになるかな。

 もうひとつは、人のためにつくウソ。たとえば、友だちが待ち合わせに遅刻してきたときに、「俺もいま着いたところだよ」とか、お母さんや恋人が作ってくれたご飯が自分の口に合わなくても、「おいしいよ」とか。本当のことではないけど、相手を傷つけないためや、相手を安心させるためにつくウソのことだね。

NEXT

小説やドラマもウソの一種

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 子どもが「ウソをつく理由」にご用心 親の過剰なしつけが原因も

    子どもが「ウソをつく理由」にご用心 親の過剰なしつけが原因も

    AERA

    6/10

    子どもの「心の揺れ」を読み取れ! ウソ・7タイプの傾向と対策

    子どもの「心の揺れ」を読み取れ! ウソ・7タイプの傾向と対策

    AERA

    9/21

  • 子どものウソに潜む「心のSOS」 4タイプでわかる本当の理由

    子どものウソに潜む「心のSOS」 4タイプでわかる本当の理由

    AERA

    6/10

    銀座のママに聞いた「ウソの作法」 「折れたタバコ」でホントにわかる?

    銀座のママに聞いた「ウソの作法」 「折れたタバコ」でホントにわかる?

    AERA

    6/9

  • エイプリルフール! 「ウソ」のいたずらでお花見ピンチ?!

    エイプリルフール! 「ウソ」のいたずらでお花見ピンチ?!

    tenki.jp

    3/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す