Forbes「世界を変える日本人」に選ばれた21歳東大生科学者 教師に否定されても研究貫いた過去

村木風海

2022/01/29 10:00

 村木風海さん(21)は、東京大学工学部の3年生。高校時代、総務省の研究支援プログラム・異能vationの「破壊的な挑戦部門」に研究が採択され、空気から二酸化炭素を回収するマシン「ひやっしー」を発明した。さらに、集めた二酸化炭素を使って燃料をつくる、すなわち空気からエネルギーを生み出すことに成功。これを「そらりん」と名付け、「地球を守り、火星を拓く」ことを目標に研究を続けている。2019年には『Forbes JAPAN』の「世界を変える30歳未満の日本人30人」に選ばれた村木さんだが、ここまでに学校でさまざまな教師と出会い、中学時代には研究を否定されたこともあるという。当時15歳。自分の信じる道を進むことができたのはなぜなのか。

あわせて読みたい

  • CO2に恋する天才・村木風海「5年以内に二酸化炭素で肉を作りたい」

    CO2に恋する天才・村木風海「5年以内に二酸化炭素で肉を作りたい」

    週刊朝日

    1/21

    秋は火星が見ごろ!10月6日に最接近する「第2の地球」の住みごこちとは?

    秋は火星が見ごろ!10月6日に最接近する「第2の地球」の住みごこちとは?

    tenki.jp

    10/5

  • え、意外! バリスタが教える科学的に正しいコーヒー豆の保存法

    え、意外! バリスタが教える科学的に正しいコーヒー豆の保存法

    ダイヤモンド・オンライン

    1/20

    「人工光合成の家」 必要な電力をまかない、二酸化炭素も吸収する

    「人工光合成の家」 必要な電力をまかない、二酸化炭素も吸収する

    週刊朝日

    2/8

  • 紅葉は美しい、でも落ち葉は嫌?ではもし落ち葉がなくなってしまったら?

    紅葉は美しい、でも落ち葉は嫌?ではもし落ち葉がなくなってしまったら?

    tenki.jp

    10/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す