雑誌不況に負けない米の高級誌「ニューヨーカー」 コロナ禍でもサブスクで二桁台の成長

【メディアDX研究3】

2021/11/09 10:30

 週刊誌や雑誌など紙媒体の低迷が叫ばれて久しいが、1年半以上続くコロナ禍で雑誌業界は窮地に立たされている。日本では2020年の間だけで、100誌以上の雑誌などが休刊に追い込まれ、アメリカでも広告収入の激減や若い読者の雑誌離れのため、様々な場所でスタッフの削減などが行われている。

あわせて読みたい

  • ジェフ・ベゾスが甦らせた名門「ワシントン・ポスト」有料デジタル版が大成功した秘密

    ジェフ・ベゾスが甦らせた名門「ワシントン・ポスト」有料デジタル版が大成功した秘密

    dot.

    11/8

    リンゴ・スター、プーチン大統領の愛人らセレブの「租税回避」暴いたパンドラ文書はなぜ、すごいのか 

    リンゴ・スター、プーチン大統領の愛人らセレブの「租税回避」暴いたパンドラ文書はなぜ、すごいのか 

    dot.

    11/7

  • 「文春砲は卒業、大人版NewsPicksのような言論空間をつくる」新谷学・文藝春秋編集長

    「文春砲は卒業、大人版NewsPicksのような言論空間をつくる」新谷学・文藝春秋編集長

    dot.

    8/19

    ジェフ・ベゾスが甦らせた名門「ワシントン・ポスト」有料デジタル版が大成功した秘密

    ジェフ・ベゾスが甦らせた名門「ワシントン・ポスト」有料デジタル版が大成功した秘密

    dot.

    11/8

  • 津田大介「ローカル報道衰退のこわい副作用」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「ローカル報道衰退のこわい副作用」

    週刊朝日

    10/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す