実は“半沢バブル”じゃなかったアンジャッシュ児嶋 ピンでも売れた「お笑い底力」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

実は“半沢バブル”じゃなかったアンジャッシュ児嶋 ピンでも売れた「お笑い底力」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
アンジャッシュの児嶋一哉(C)朝日新聞社

アンジャッシュの児嶋一哉(C)朝日新聞社

 お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉(48)の勢いが止まらない。最近、バラエティ番組でよく姿を目にするのはもちろん、9月に終了し、大ヒットを記録したドラマ「半沢直樹」(TBS系)にも第5話から出演。国土交通大臣(江口のりこ)の秘書役を演じ、視聴者からは「想像以上にいい演技」「もっと演技が見たい」と、好評の声が集まっていた。

【写真】ドラマ「半沢直樹」好きなキャラアンケートでダントツ1位となった人はこちら

 名前を間違えられ「児嶋だよ!」とキレながら返す芸風が定着している児嶋。コンビとしては、相方の渡部建(48)のほうが売れているという印象も強かったが、6月に渡部の“多目的トイレ不倫”が発覚し、芸能活動を自粛。それに伴い、アンジャッシュのもう片方の児嶋の存在がクローズアップされ、バラエティ番組では相方の不倫について共演者からイジられるというネタを確立した。同時にドラマ「半沢直樹」への出演も重なり、自身の公式YouTubeチャンネル「児嶋だよ!」の登録者数は(13日現在)67万人を突破する勢いだ。”半沢バブル”真っただ中のように思えるが、「渡部の不倫騒動の前から好感度が高い芸人だった」と明かすのは民放バラエティ制作スタッフだ。

「過去におぎやはぎの小木さんが自身のラジオで話していましたが、渡部さんの披露宴で児嶋が大号泣していたとか。スピーチで『渡部~』と発すると、それからは声が出ないほど号泣していたそうです。このエピソードに当時、SNS上では、『こっちまで幸せな気持ちになれる』『優しいし、人間味ある』と児嶋の人柄をたたえる声が多かったですね。また、コンビでトーク番組に出演した際、渡部の良いところを聞かれた児嶋は、『渡部って見た目がかっこ良くないですか?』と返答。渡部は爆笑していましたが、ネット上では『大嶋(児嶋)の方がかっこいいよ!』『そんな発言も引っくるめて好き』と、これも好感の声が目立っていましたね」

 そんな実直な性格は、渡部の不倫騒動以前から視聴者に伝わっていたのだろう。以前、「王様のブランチ」(TBS系)では、夏休みの渡部に代わって児嶋がMCを務めたのだが、緊張し過ぎて遅刻しそうになったものの、穏やかな雰囲気で長時間の生放送を無事に完走。ぎこちなくも実直な姿勢に「嫌味がない」「出過ぎず、空気にもなり過ぎないので良かった」とSNSで称賛されていた(2017年10月21日放送)。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい