安倍首相辞任会見【全文(2)】「痛恨の極み。志半ばで断腸の思い」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安倍首相辞任会見【全文(2)】「痛恨の極み。志半ばで断腸の思い」

このエントリーをはてなブックマークに追加
辞任について語る安倍晋三首相 (c)朝日新聞社

辞任について語る安倍晋三首相 (c)朝日新聞社

 安倍晋三首相が辞任の意向を固めて28日、首相官邸で会見を開いた。その様子を全文掲載する。

>>『安倍首相辞任会見【全文(1)】再発の兆候「総理大臣の地位にあり続けるべきではない」』からつづく

*  *  *
 最大の課題であるコロナ対応に障害が生じるようなことはできる限り避けなければならない。この1カ月その一心でありました。悩みに悩みましたがこの足元において7月以降の感染拡大が減少傾向へと転じたこと、そして冬を見据えて実施すべき対応策を取りまとめることができたことから、新体制に移行するのであればこのタイミングしかないと判断いたしました。この7年8カ月様々な課題にチャレンジしてまいりました。残された課題も残念ながら多々ありますが、同時に、様々な課題に挑戦する中で達成できたこと、実践できたこともあります。すべては国政選挙のたびに力強い信任を与えてくださった背中を押していただいた国民の皆様のおかげであります。本当にありがとうございました。

 そうしたご支援をいただいたにもかかわらず、任期をまだ1年残し、他の様々な政策が実践途上にある中、コロナ禍の中、職を辞することとなったことについて、国民の皆様に、心よりお詫びを申し上げます。

 拉致問題をこの手で解決できなかったことは、痛恨の極みであります。ロシアとの平和条約、また、憲法改正、志半ばで職を去ることは、断腸の思いであります。しかしいずれも、自民党として国民の皆様にお約束をした政策であり、新たな強力な体制のもと、さらなる政策推進力を得て、実現に向けて進んでいくものと確信しております。もとより次の総理が任命されるまでの間、最後までしっかりとその責任を果たしてまいります。そして、治療によってなんとか体調を万全とし、新体制を一議員として支えてまいりたいと考えております。国民の皆さま、8年近くに渡りまして、本当にありがとうございました。

(以下は質疑応答)

――辞意を表明されましたけれども、治療を続けながら執務を続行するという選択肢はなかったのか?それだけ健康状態が厳しいということなのか?再び病院に通うような必要性はあるのか?辞任を決意されたのはいつごろだったのか?任期途中での辞任と言うことに対して政権投げ出しと言う批判もあるかと思うが意中の後継者は?


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい