「子どもの学びを止めない」 新型コロナで休校中の私立校がとった独自の取り組みとは (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「子どもの学びを止めない」 新型コロナで休校中の私立校がとった独自の取り組みとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢野耕平dot.
Zoomで生徒とやりとりする香蘭女学校の教員(同校提供)

Zoomで生徒とやりとりする香蘭女学校の教員(同校提供)

東京都品川区の香蘭女学校(同校提供)

東京都品川区の香蘭女学校(同校提供)

 4月7日、政府から東京都を含む七つの都府県に「緊急事態宣言」が発令された。それ以前から多くの学校や教育機関は休校していたが、その状態をさらに延ばさざるを得なくなった。この事態に対し、「子どもの学びを止めてはいけない」と、ICTを積極的に活用して生徒とコミュニケーションをはかっているのが、東京都品川区にある私立中高一貫校・香蘭女学校だ。『早慶MARCHに入れる中学・高校』などの著者で、中学受験専門塾・スタジオキャンパス代表の矢野耕平氏が、同校を訪ねた。

 *   *  *
 香蘭女学校は1888(明治21)年に創設された伝統あるミッション校だ。現在までに1万人を超える卒業生を輩出している。同じ会派に属する立教大学の関係校推薦があり、卒業生約160人に対し50%(80人)の推薦枠が設けられている。さらに、2021年度大学入学生からはその枠が60%(97人)に増員される。

 本来なら新入生を迎え、活気溢れる学び舎は子どもたちの笑い声が響いている、そんな時期だ。しかしいま、子どもたちは誰一人いない。そう、新型コロナウイルス感染拡大により、休校しているのだ。

 学校の核となる「授業」がおこなえない……。

 この未曽有の事態に対して、私立中高の多くはすぐに動き始めた。

 そのような中、わたしはICTを活用して授業を展開しているという香蘭女学校の噂を耳にし、その様子を取材させてもらうことになった。

 香蘭女学校は今回の事態に対してどのような策を考えたのだろうか。教頭の船越日出映先生は大きく四つの方針に基づいてICT利用を考えたという。

「一つ目は、生徒・保護者・教員の安全面・健康面への配慮。二つ目は、可能な限り学校機能を止めないこと。三つ目は、生徒たちの生活の中心に授業を据えること。そして四つ目は、行事などについては一度決定したことでも柔軟に変更、対応していくこと。これらを実現するためにはICTの活用が不可欠だろうと判断したのです」

 香蘭女学校は独自に設定したタブレット端末のiPadを中学入学後に生徒全員に購入してもらい、ICTを用いた教育に力を入れていた。そんな背景があるからこそ下せた決断なのだろう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい