柳瀬元首相秘書官の国会招致 タモリも巻き込んだ「記憶と記録」論争で安倍官邸が敗北 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

柳瀬元首相秘書官の国会招致 タモリも巻き込んだ「記憶と記録」論争で安倍官邸が敗北

このエントリーをはてなブックマークに追加
西岡千史,福井しほdot.#加計学園#安倍政権

衆院予算委員会に参考人招致され、答弁する柳瀬唯夫元首相秘書官=5月10日(撮影/西岡千史)

衆院予算委員会に参考人招致され、答弁する柳瀬唯夫元首相秘書官=5月10日(撮影/西岡千史)

タモリ (c)朝日新聞社

タモリ (c)朝日新聞社

 加計疑惑のキーマンだった柳瀬唯夫元首相秘書官が10日午前、衆院予算委員会に参考人として出席し、冒頭で「国会審議に大変なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません」と謝罪した。

【写真】思わぬところで巻き込まれた!?タモリ

 そして加計学園、愛媛県、今治市の職員と2015年4月2日に首相官邸で面会したこと、さらにその直前の同年3月頃と6月前後の計3回、加計学園と面会したことを明かした。

 さらに加計側の出席者の1人が今春、開学した獣医学部の吉川泰弘学部長だったことも認めた。

 柳瀬氏は加計学園関係者と知り合ったきっかけは、2013年に安倍晋三首相が河口湖の別荘でバーベキューとゴルフ会を開いた時だと説明。安倍首相が「腹心の友」と呼ぶ加計孝太郎理事長もバーベキューの席にいたことを認めた。

 さらに「お庭でバーベキューをして秘書官も十数人いますし、総理のご友人、親族もおられ、加計さんもおられた」などと状況を説明した。

 自らが安倍首相らとゴルフをしたことも認めたが、緊急時の要員として後方にいたとし、「総理と加計理事長が、どういうお話をしていたかわからない」と、安倍首相と加計理事長との間で交わされた会話について自らはあずかり知らない立場にいたことを重ねて強調した。

 午後に行われた参院予算委員会では立憲民主党の蓮舫議員が存在感を発揮した。

蓮舫:最初の面会は3月24日と聞いているんですが、なぜ加計学園関係者と会ったんでしょうか?

柳瀬:アポイントの申し入れがあって、今度上京するのでお会いしたいと。

蓮舫:具体的な案件がわからないけれど、上京したのでお会いしたい。つまり首相秘書官である柳瀬さんと学園関係者はそれくらい密接な関係ということでしょうか。

柳瀬:元々総理の別荘のバーベキューでお会いし、面識はありましたので…

蓮舫:加計関係者とバーベキューでお会いし、どなたから紹介されたんですか。

柳瀬:総理は河口湖の別荘でご親族やご友人を集めてバーベキューをよくやっておられました。ご紹介いただくとかそういう場ではございません。何十人も人がいる中でお会いしたというわけで、特に誰かに紹介されたわけではございません。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

   加計学園 , 安倍政権 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加