トム・クルーズも苦しんだ読み書きの学習障害 親はどう対処すべきか

AERAwithKids

2017/10/20 11:30

 また、発達障害児の進学相談も数多く受けている進学コンサルタントの沖山賢吾さんも親や先生など、周囲の理解の大切さを強調します。

「ディスレクシアの子どもは、文字を読むこと、文字を書くことが苦手ですから、適切なサポートなしには、板書が基本の学校の授業についていくことができません。毎日の宿題の音読や、漢字書き取りも、苦行でしかありません」

沖山さんがさらに心配するのは、二次障害です。

「私はディスレクシアそのものよりも、周りの理解やサポートが得られないために、自分のことを『頭が悪い』と思い込んだり、不登校やうつ状態になってしまうなどの二次障害のほうが、問題が大きいと思っています」

 適切な道具を使えば、大変な苦労をせずに学べる子はたくさんいます。ディスレクシアの子が、専用の道具、例えば下敷き、定規、iPadを使うのは、視力の悪い子がメガネをかけるのと同じだと、沖山さんは言います。さらに、そのための道具や場を用意するのは、親の責任だとも。

「一番大変なのは小学校時代です。大きくなってパソコンが自由に使えるようになれば、ディスレクシアの症状に悩まされることがなくなる子もたくさんいます。将来働く場合には、手書きよりもパソコンを使うことがほとんどでしょうから、そこまで将来に対して悲観的になる必要はありません」(沖山さん)

『AERA with Kids 秋号』(朝日新聞出版)では、実際にディスレクシアの疑いを持つお子さんのお母さんも登場。わが子の心配をどう乗り越えていったかを紹介しています。

AERA with Kids(アエラ ウィズ キッズ)2017年秋号

朝日新聞出版

amazon
AERA with Kids(アエラ ウィズ キッズ)2017年秋号
1 2 3

あわせて読みたい

  • “学習障害”が有利なことも? 専門家が「平均的な子」こそ危ないという理由

    “学習障害”が有利なことも? 専門家が「平均的な子」こそ危ないという理由

    dot.

    10/27

    「授業で音読させられるのが地獄だった」 脳内科医が自らの音読の困難を克服した方法とは

    「授業で音読させられるのが地獄だった」 脳内科医が自らの音読の困難を克服した方法とは

    dot.

    7/18

  • 発達障害の子が自立と就労の壁を乗り越える

    発達障害の子が自立と就労の壁を乗り越える

    AERA

    6/2

    青少年のための小説入門

    青少年のための小説入門

    週刊朝日

    1/9

  • ロシアを「内と外」から多角的に知ることができる 歴史研究者が選ぶ「映画・小説」7選

    ロシアを「内と外」から多角的に知ることができる 歴史研究者が選ぶ「映画・小説」7選

    AERA

    8/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す