喫茶店のオーナー「ヒロシです」 普段はネガティブでも夢はポジ「山を買う」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

喫茶店のオーナー「ヒロシです」 普段はネガティブでも夢はポジ「山を買う」

このエントリーをはてなブックマークに追加
新津勇樹dot.
「ヒロシのお店」にて (撮影/新津勇樹)

「ヒロシのお店」にて (撮影/新津勇樹)

「ヒロシのお店」にて。ヒロシのオンエア情報は「ヒロシの部屋」で更新している (撮影/新津勇樹)

「ヒロシのお店」にて。ヒロシのオンエア情報は「ヒロシの部屋」で更新している (撮影/新津勇樹)

 ホスト風の恰好で自虐ネタを披露し、2004年に一気にブレークした、「ヒロシです」でお馴染みのお笑い芸人、ヒロシさん。近況を調べていたところ、「ヒロシのお店」というカフェ&カラオケ喫茶店を経営していた。

【写真】「ヒロシのお店」店内の様子

 その店は中野坂上駅から歩いて1分圏内。ビルの一階に「ヒロシのお店」と看板が掲げられており、地下に降りると、等身大のヒロシさんのパネルがお出迎え。中に入ると10畳ほどのスペースの中央にカウンターが置かれており、その一番左端に、金髪で2枚目の男性が座っていた。本物のヒロシさんだった。正直、普段着のヒロシさんを見たことがなかったため、すごく新鮮だった。

 この「ヒロシのお店」は、2年ほど前にオープンしたとのこと。オープンの経緯をヒロシさんがこう話てくれた。

「元々、喫茶店をやりたいという願望があったわけじゃないんですよ。実は、事務所を立ち上げることになり、物件を探していて、どうせならライブも出来る場所がいいなと一年くらい探していたら、今の場所が見つかったんですよ。そこがたまたま、喫茶店をやっていたところだったので、じゃあお店もやろうと思ったんです」

 実はこのお店は、事務所も兼ねているとのことで、現在はマネージャーさんがお店を切り盛りしており、かつ店内では営業の合間にヒロシさんのタレント活動をサポートしているそうだ。

「だから、僕がお店にたって料理やお酒を出すわけではないんですよ。接客は気を使うじゃないですか」

 実はホスト経験もあるヒロシさんですが、お酒は一滴も飲まないとのこと。その上、人見知りでネガテイブな性格のため、お店には立たず、オーナーに専念しているそうです。

「カウンターで、僕がお酒を作っていると思っている人もいるらしいんですが、人見知りなんですよ」

 ホームページにも告知しているが、基本ヒロシさんはお店にはいないとのこと。ただしライブ開催時はもちろん来店する。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい