聖子ちゃんカットを生んだ「カリスマ美容室」が破産

2017/04/23 11:30

「“シザーズリーグ”(スタイリストが腕を競うTV番組)も人気で、アクアと並ぶ2大カリスマヘアサロンでした。私は仕事がらみのコネで通い(笑い)周囲にうらやましがられたものです」

 ヘアーディメンションは、スター美容師(トップスタイリスト)を続々と輩出した。たとえばCHIKA(現アルティファータ代表)や宮村浩気(現アフロート代表)。CHIKAは浜崎あゆみ、宮村は藤原紀香の担当者として知られるが、当時の予約は数カ月~1年待ちといわれた。しかしなぜ、頂点を極めた店が潰れたのか。
 
 25年前にヘアーディメンションに在籍し、今は青山のサロンに努める40代の男性美容師は、「店が大きくなりすぎた結果でしょう」と漏らす。

「僕も着たけど昔はスタッフの制服がブランド(ルナマティーニ)でホストみたいにイケイケ(笑い)。四谷から青山、表参道と経営展開も華やかだったけど、大事なことを見失ったんですよ」(同)
 
 スター美容師が独立すれば、客は後を追いかける。

「1カ月数百万円と稼ぎだすスタイリストが次々独立すれば、母体はもちませんよ」

 スター美容師が次々育てば別だが、時代とのギャップを埋めることができなかったのかもしれない。

 髪を切った私に~♪と聖子が歌ったのも今は昔。

 でもあの髪形は、昭和の懐かしき思い出として永遠に人の心に残りそうだ。
(ライター・藤村かおり)

1 2

あわせて読みたい

  • 月間売り上げ1200万円達成のカリスマ美容師 作ったワックスも爆売れ!
    筆者の顔写真

    山田美保子

    月間売り上げ1200万円達成のカリスマ美容師 作ったワックスも爆売れ!

    週刊朝日

    5/25

    人気の「五郎丸カット」 ただし、ある難点が…
    筆者の顔写真

    山田美保子

    人気の「五郎丸カット」 ただし、ある難点が…

    週刊朝日

    5/23

  • デビュー当時、実は2番手だった松田聖子、大逆転したワケ

    デビュー当時、実は2番手だった松田聖子、大逆転したワケ

    週刊朝日

    8/8

    がん患者の外見支援で“格安”医療用ウィッグに脚光

    がん患者の外見支援で“格安”医療用ウィッグに脚光

    AERA

    12/5

  • 松田聖子、「時間の国のアリス」MVで一人8役に挑戦

    松田聖子、「時間の国のアリス」MVで一人8役に挑戦

    Billboard JAPAN

    6/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す