ノーベル賞受賞者に密着! 最初の行事は◯◯にサイン? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ノーベル賞受賞者に密着! 最初の行事は◯◯にサイン?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ストックホルムのコンサートホールで開かれた2015年のノーベル賞授賞式(代表撮影) (c)朝日新聞社

ストックホルムのコンサートホールで開かれた2015年のノーベル賞授賞式(代表撮影) (c)朝日新聞社

上田俊英(うえだ・としひで)先生/朝日新聞編集委員。専門は原子力・エネルギー政策、科学技術政策。科学記者として、ノーベル賞にかかわる記事を多数執筆している(撮影/写真部・岸本絢)

上田俊英(うえだ・としひで)先生/朝日新聞編集委員。専門は原子力・エネルギー政策、科学技術政策。科学記者として、ノーベル賞にかかわる記事を多数執筆している(撮影/写真部・岸本絢)

【2.受賞の連絡を受ける】
各賞の選考機関が毎年10月ごろに発表。受賞者には電話で直接、連絡する。人種や国籍などでの差別はない。「生きていること」と「各賞3人まで」が原則。

【3.スウェーデンへ!】
12月10日(ノーベルの命日)の授賞式に合わせてスウェーデンに出発。首都・ストックホルムのグランドホテルに泊まる。平和賞だけはノルウェーの首都・オスロで授賞式が行われる。

※平和賞の選考機関や授賞式だけがノーベルの母国のスウェーデンではなくノルウェーなのは、ノーベルの遺言による。明確な理由はわからないが、両国の関係がうまくいくよう願ったからだともいわれる。

【4.ノーベル博物館のイスにサイン】
最初の行事は、ストックホルムのノーベル博物館のカフェにあるイスの裏側にサインすること。サインされたイスは、一部は飾られ、多くは、カフェの座席として使われている。

【5.大学などで記念講演】
各賞の選考機関が用意した会場で、1人45分くらい「ノーベルレクチャー」と呼ばれる記念講演を行う。英語のことが多いが、日本語でもOK。参加するための条件や資格は特になく、だれでも聴きにいくことができる。

【6.授賞式でメダルと賞状をもらう!】
ストックホルムのコンサートホール(平和賞はオスロ市庁舎)で行われる授賞式に出席。ノーベルの顔が描かれたメダルと賞状を受け取る。メダルの表のデザインは、平和賞と経済学賞はほかの四つの賞と少し違う。裏のデザインは物理学賞と化学賞以外はすべて違う。

【7.晩餐会で国王と食事!】
ストックホルム市庁舎(平和賞はオスロのグランドホテル)で晩餐会。国王も参加する盛大な会だけれど、参加人数が多いこともあり、前菜、メイン、デザートの3品&パンなどと、シンプル。

【8.舞踏会で踊って記念撮影】
受賞者は全員、舞踏会に出席する。ただし、ダンスができなくてもOK。記念撮影をして行事は終了だ。後日、希望者は、カロリンスカ研究所の学生主催のパーティーに出席する。

(監修/朝日新聞編集委員・上田俊英)

※月刊ジュニアエラ 2016年12月号より


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい