差別意識が「正義」 相模原大量殺傷事件はなぜ起きたのか?

2016/10/11 16:00

 刑事事件としての捜査が進行するなか、政府の対応は、容疑者が措置入院(※)を命じられていた事実を重く見て、措置入院制度の改革や、障害者施設の安全確保のための隔離という方向に進んでいるようだ。だがこの対応はテロに屈したともいえる。障害のあるなしにかかわらず、共に同じ地域やコミュニティーで生きていく共生社会という目標とは反対の方向に舵を切ったともいえる。もしそうなら、それは容疑者がある意味で望んでいた方向ではないか。

 いま私たちに求められるのは、これまで日本においてさまざまな障害者団体や個人が尽力してきた、共生という方向性を前進させることである。狂信者が恐れ憎む自由や寛容、人間性こそ、狂信者への断固たる態度になりえるのだ。(解説/慶應義塾大学教授・岡原正幸)

※自分や他人を傷つける恐れがある場合に、都道府県知事などが、本人の同意なしに指定の精神科病院に入院させること

【キーワード:優生思想】
生きる価値のある生命とない生命、優秀な生命と劣った生命とを分けて、社会国家の繁栄や質の向上のために、劣った生命を排除し減らすべきという思想。

【キーワード:ヘイトクライム】
特定の特徴(民族、宗教、性的指向、障害の有無など)をもった個人や集団への、差別や憎悪による犯罪行為(傷害・殺人など)。

※月刊ジュニアエラ 2016年10月号より

ジュニアエラ 2016年10月号

朝日新聞出版

amazon
ジュニアエラ 2016年10月号
1 2

あわせて読みたい

  • 相模原殺人 「多くの人は暴力とは無縁」専門家が精神障害者への偏見を懸念

    相模原殺人 「多くの人は暴力とは無縁」専門家が精神障害者への偏見を懸念

    週刊朝日

    8/5

    相模原・障害者殺傷事件で見えた「悪意」と「善意」

    相模原・障害者殺傷事件で見えた「悪意」と「善意」

    AERA

    10/12

  • 特 集 障害者に愛されるテレビとは!?  私たちが放送に期待すること ~障害者の現場から

    特 集 障害者に愛されるテレビとは!? 私たちが放送に期待すること ~障害者の現場から

    GALAC

    11/29

    やまゆり園殺傷事件を問い直す 私の中にも「小さな植松」がいる

    やまゆり園殺傷事件を問い直す 私の中にも「小さな植松」がいる

    AERA

    3/13

  • 相模原障害者殺傷事件 優生思想とヘイトクライム

    相模原障害者殺傷事件 優生思想とヘイトクライム

    週刊朝日

    3/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す