西洋美術館が世界遺産へ! 世界の建築を変えたコルビュジエのすごさとは? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西洋美術館が世界遺産へ! 世界の建築を変えたコルビュジエのすごさとは?

ル・コルビュジエが設計した国立西洋美術館本館。実業家・松方幸次郎の美術コレクションなどが展示されている (c)朝日新聞社

ル・コルビュジエが設計した国立西洋美術館本館。実業家・松方幸次郎の美術コレクションなどが展示されている (c)朝日新聞社

 国内では20件目の世界遺産になる。東京都内では、小笠原諸島が11年に世界自然遺産に登録されたが、世界文化遺産では初めて。

 コルビュジエの建築は、日本国内には西洋美術館しかない。しかし、その真向かいには、西洋美術館の建築にも携わった、コルビュジエの教え子・前川國男の作品、東京文化会館がある。ほかにも坂倉準三の神奈川県立近代美術館鎌倉(神奈川県鎌倉市、3月末に閉館)など、コルビュジエに師事した日本人の建築家による作品は国内に数多い。(解説・守真弓/朝日新聞文化くらし報道部)


※ル・コルビュジエ
スイス出身。本名はシャルル・エドゥアール・ジャンヌレで、コルビュジエは祖先の名に由来するペンネーム。鉄とガラスとコンクリートによる箱形のモダニズム建築を確立した。日本を代表する建築家・丹下健三らにも影響を与えた。

【今回推薦されているル・コルビュジエの資産】
<フランス>
(1)ラ・ロッシュ・ジャンヌレ邸
(2)ペサックの集合住宅
(3)サボア邸と庭師小屋
(4)ポルト・モリトーの集合住宅
(5)マルセイユのユニテ・ダビタシオン
(6)サン・ディエの工場
(7)ロンシャンの礼拝堂
(8)カップ・マルタンの休暇小屋
(9)ラ・トゥーレット修道院
(10)フィルミニの文化の家

<ベルギー>
ギエット邸

<スイス>
(1)レマン湖畔の小さな家
(2)イムーブル・クラルテ

<インド>
(1)チャンディガールの
(2)キャピトル・コンプレックス

<ドイツ>
(1)ワイセンホフ・
(2)ジードルンクの
(3)住宅

<アルゼンチン>
クルチェット邸

<日本>
国立西洋美術館(東京)

※月刊ジュニアエラ 2016年7月号より


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい