【情報更新】アサヒカメラ創刊90周年記念イベント 「カメラの今を考える」の歩き方 〈アサヒカメラ〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【情報更新】アサヒカメラ創刊90周年記念イベント 「カメラの今を考える」の歩き方

アサヒカメラ
キヤノンプロも注目のEOS 5D MarkIV

キヤノン
プロも注目のEOS 5D MarkIV

ニコンポートレートレンズの新定番

ニコン
ポートレートレンズの新定番

パナソニックライカレンズ群に注目

パナソニック
ライカレンズ群に注目

エプソン販売先着30人にプリントサービス

エプソン販売
先着30人にプリントサービス

コシナクラシカルなレンズに注目

コシナ
クラシカルなレンズに注目

オリンパス話題のM.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

オリンパス
話題のM.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

ソニーカメラグランプリ2016大賞を受賞したα7R IIと、プレミアムレンズ「Gマスター」

ソニー
カメラグランプリ2016大賞を受賞したα7R IIと、プレミアムレンズ「Gマスター」

 いよいよ、アサヒカメラ創刊90周年記念イベント「カメラの今を考える」を、10月15日(土曜日)、16日(日曜日)の2日にわたって、東京・有楽町の「有楽町朝日ギャラリー」と「有楽町朝日スクエア」(有楽町マリオン11階)で開催します。

 各社の新製品の展示に加え、有名写真家のトークショーなど盛りだくさんの内容です。その一端を紹介します。

 新しい情報が入り次第、このサイトで情報を更新します。


▼多彩な写真家のトークイベントも

 今回のイベントは、東京・有楽町にあるマリオンの11階のフロアを使って行います。トークショーなどのイベントエリアと、企業の展示ブースエリアに分かれています。

 イベントエリアでは、上田晃司さん、榎並悦子さん、河野英喜さん、小澤太一さん、テラウチマサトさん、安田菜津紀さんをお招きしてトークショーを行います。

 さらに、本誌編集長・佐々木広人が、昨年まで本誌写真コンテスト・モノクロプリント部門の審査員を務めた榎並悦子さんと「審査員の本音が聞きたい! 写真コンテスト必勝法」と題してのトークショーを。さらに、撮影と法律の問題に詳しい弁護士の三平聡史さんをお迎えして、「カメラ好きなら知らずにはいられない 撮影と法律の最前線」で、撮影にまつわるトラブルを避ける方法を伝授します。

 また、2015年11月号で話題になったスナップ撮影と肖像権の話題もピックアップ。東京カメラ部主宰の塚崎秀雄さん、三平弁護士、佐々木編集長の3人が「顔が写ったら絶対ダメなのか!? SNS時代の『写真と肖像権』」をテーマに語りつくします。

 また貴重なバックナンバーの閲覧コーナーも設けます。

 企業エリアでは、エプソン、オリンパス、キヤノン、クラブツーリズム、コシナ、ニコン、パナソニック、ソニーの各社がブースを設け、秋の新製品を紹介します。もしかするとどこよりも早く新製品に触れるかもしれません。

「カメラやレンズの進化がめざましい一方で、撮影マナーや肖像権の問題などに象徴されるように、撮影愛好家にとってはある意味、複雑な時代になりました。私たちは、めまぐるしく変わる最新技術や撮影環境とどう向き合うべきか。今回のイベントを通じて、一人でも多くの方々と考えたいと思います。みなさんのご来場を心よりお待ちしております」(佐々木編集長)

【開催日時】
 10月15日(土) 12:30~19:00
 10月16日(日) 10:00~17:30
 (開始・終了時間が違います。ご注意ください)

【開催場所】
 「有楽町朝日ギャラリー」と「有楽町朝日スクエア」(東京都千代田区・有楽町マリオン11階)

【トークショーの詳細はこちら】
「カメラの今を考える」トークショー プログラム


■キヤノン
 注目はEOS 5D MarkIVとEOS M5

 一番大きなスペースで展示するのはキヤノン。展示の中心は、何といってもこの9月に発売されたばかりのEOS 5D MarkIV。3000万画素超の高解像度と秒7コマの高速連写で、プロはもとよりハイアマチュアも注目の製品だ。また発表されたばかりのミラーレスカメラ「EOS M5」のタッチ&トライはもちろん、作例写真もいち早く公開する。

■ニコン
 ポートレートレンズの新定番

 ニコンのこの秋の新製品は小型・軽量のニコンD3400と、大口径のAF−S NIKKOR 105mm f/1.4E ED。本誌の読者が気になるのは105mmF1.4ではないだろうか。このレンズ、58mmF1.4、85mmF1.4と並んでポートレートの新定番と目されており、ボケの美しさは85mmF1.4を凌駕(りょうが)するとも。また、新製品「Key Mission」シリーズの3機種も展示される。

■パナソニック
 新製品LUMIX G8、LX9が登場

 先ほど発表されたLUMIX G8、LX9が展示されるほか、春に発売されたLUMIX GX7 MarkIIを中心に多彩なレンズを紹介する。特に注目したいのは、LEICAの単焦点レンズ群だ。12mmF1.4、15mmF1.7、25mmF1.4、42.5mmF1.2は、 性能が高い上にコンパクト。その実力を確かめてみたい。

■エプソン販売
 先着30人にプリントサービス

 エプソンのブースでは、SC-PX5VII、EP-10VA、EP-879ABのタッチ&トライが体験できる。また、各日先着30人に、A4サイズのクリスピアまたは、ベルベットファインアートペーパーでのプリントのサービスがある。ただし、サービスを受けたい場合はプリント用のデータ(Jpeg)を持参する必要があるのでご注意を。

■コシナ
 クラシカルなレンズに注目

 注目は発表されたばかりのNOKTON 58mm F1.4SLIIS。総金属製の鏡筒やニコンのカニ爪を持つなど、往年の名レンズを思わせるデザイン。その実力をぜひ。

■オリンパス
 プロラインのレンズがズラリ!

 話題のPEN-Fのタッチ&トライが可能。レンズは新製品のM.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4 IS PROなどを中心に「PROライン」がズラリと並ぶ予定。

■ソニー
 αシリーズの製品をチェック!

 カメラグランプリ2016大賞を受賞したα7R IIをはじめ、ソニーのプレミアムレンズ「Gマスター」など話題の製品が並ぶ予定。

※予定は変更される場合があります。


トップにもどる

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい