映画「今夜、世界からこの恋が消えても」に主演している、なにわ男子の道枝駿佑くん。演技についての気持ちの変化や、憧れるデートなどをインタビューしました。親子で読めるニュース月刊誌「ジュニアエラ 8月号」(朝日新聞出版)から一部抜粋して紹介します。

*  *  *

――映画は実在する難病、眠るとその日の記憶を忘れてしまう「前向性健忘」を患うヒロイン、日野真織(福本莉子)と、彼女を懸命に支えながら、実は自らも大きな秘密を抱える主人公、神谷透が織りなすはかなくも切ないラブストーリーです。道枝さんが演じる神谷透はどんな人?

 透は僕とけっこう似てると思います。僕も好きな人ができたら尽くすタイプ……というか、できるだけ支えてあげたいなと思いますし。性格も穏やかだったり、自分からあんまりガツガツいかないところは近いかなと。ただ、透ほど絶望と向き合う真織を理解して、難病のことを受け入れて冷静に支えることは難しいと思う。ホントに優しくていいやつだなと思いますね。

――猫背なのは演出ですか?

 あ、気づきました(少しドヤ顔)? 最初は猫背だけど、真織と会うたびに声のトーンが明るくなって猫背もなおっていくんです。監督の演出なんですが、撮る順番がバラバラだったので、常に頭の中で整理しながらやってました。

――真織と透のデートシーンはキラキラしていて印象的でした。

 福本さんとは以前、ドラマ「消えた初恋」で共演させていただいていたので、あまり気を張ることなく自然体でやらせてもらいました。照れもなかった……いや、ありましたね、はい(笑)。でも、たくさんの先輩方が「ラブストーリー」というものをやってきているので、僕も頑張らないと!と思って。個人的に憧れるデート? まあ王道です。一緒にテーマパークに行ったりとか夜景を見たりとか。あ、映画の中で乗った横浜・みなとみらいのロープウェイも楽しかった。ベタなやつが好きなんで(笑)。

著者 開く閉じる
大道絵里子
大道絵里子

NEXT記憶力はよいほう?
1 2