デジタル時代に売れ続ける「アナログレコード」 生活を豊かにする「魅力」を次世代に

2021/05/22 08:00

 サブスクなどのデジタル配信なら一日中、音楽をかけていられるこの時代に、長くても片面20~30分で終わってしまうアナログレコードが人気だ。耳だけでなく、目で見て手で触って聴ける味わいは、気持ちを豊かにする。AERA 2021年5月24日号に掲載された記事で、売れ続ける「アナログ」の魅力に迫る。

あわせて読みたい

  • 聴き放題の時代に「カセットテープ」の波 不便で面倒なのに人気の理由

    聴き放題の時代に「カセットテープ」の波 不便で面倒なのに人気の理由

    AERA

    2/10

    スチャダラパーANIが語るカセットテープの魅力「“終わり”があるからしっくりくる」

    スチャダラパーANIが語るカセットテープの魅力「“終わり”があるからしっくりくる」

    AERA

    2/10

  • 小沢健二が22年ぶりに雑誌登場! 「インタビューを受けないようにしていた」理由

    小沢健二が22年ぶりに雑誌登場! 「インタビューを受けないようにしていた」理由

    AERA

    11/12

    世界は「竹内まりや」が好きだった! 山下達郎、永井博…シティ・ポップの進化

    世界は「竹内まりや」が好きだった! 山下達郎、永井博…シティ・ポップの進化

    AERA

    12/23

  • デジタル配信より音がいい? アナログレコード人気再燃

    デジタル配信より音がいい? アナログレコード人気再燃

    AERA

    5/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す