引退後の女性アスリートが体や将来のこと相談できる場を 「Players Centered Project」が東京・下北沢で開催

2023/05/11 07:30

 女性アスリートには出産後に第一線に戻る選手もいるが、競技と結婚・出産との両立には依然として壁がある。35歳以上まで現役を続けた元マラソン日本代表選手の加納由理さん、東京五輪代表・競泳選手の貴田裕美さんがキャリアへの迷いや葛藤を語った。AERA 2023年5月15日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「今が、出産できる最後のチャンスとなるだろうと思った」 女性アスリートが結婚・出産との両立に感じる壁

    「今が、出産できる最後のチャンスとなるだろうと思った」 女性アスリートが結婚・出産との両立に感じる壁

    AERA

    5/12

    世間は「猫ひろし」の名前を上げ…瀬古利彦が直面したマラソン界の危機

    世間は「猫ひろし」の名前を上げ…瀬古利彦が直面したマラソン界の危機

    週刊朝日

    5/18

  • 青学の遅咲きランナー吉田祐也 初マラソンで学生歴代2位 気になる今後は?

    青学の遅咲きランナー吉田祐也 初マラソンで学生歴代2位 気になる今後は?

    週刊朝日

    2/12

    増田明美、引退時の骨密度は65歳並も…50代からの新たな幸せ

    増田明美、引退時の骨密度は65歳並も…50代からの新たな幸せ

    AERA

    4/27

  • 伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

    伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

    dot.

    2/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す