「ロシア軍は大型・長射程のミサイル攻撃で、ウクライナを屈服させる作戦」と軍事ジャーナリスト

ウクライナ

2022/04/26 08:00

 ウクライナに侵攻したロシア軍は再編成して東部に兵力を集め、親ロシア派支配地域があるドネツク・ルハンスク両州などで進軍する。今後の戦いはどうなるのか。ロシアの狙いは何なのか。軍事ジャーナリスト 田岡俊次さんが解説する。AERA 2022年5月2-9日合併号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 日本は「モノ言える国」 「停戦のために積極的に」と参議院議員

    日本は「モノ言える国」 「停戦のために積極的に」と参議院議員

    AERA

    4/28

    5倍以上だったウクライナ兵を「弱小の属領視」 ロシアが苦戦する理由を読み解く

    5倍以上だったウクライナ兵を「弱小の属領視」 ロシアが苦戦する理由を読み解く

    AERA

    3/29

  • 停戦交渉は難航必至 ベトナムもアフガンも合意まで5年…過去の協議に見る早期実現の難しさ

    停戦交渉は難航必至 ベトナムもアフガンも合意まで5年…過去の協議に見る早期実現の難しさ

    AERA

    4/13

    軍事ジャーナリストが分析「ロシアが制圧しても、アフガニスタンのような泥沼に」

    軍事ジャーナリストが分析「ロシアが制圧しても、アフガニスタンのような泥沼に」

    AERA

    3/8

  • なぜロシアはウクライナにこだわるのか? 欧米との緩衝地帯だけではない理由

    なぜロシアはウクライナにこだわるのか? 欧米との緩衝地帯だけではない理由

    AERA

    2/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す