東大出身ピアニスト角野隼斗さん 「ピアノ好きは母から、算数好きは父から」

AERAwithKids

2022/04/05 17:00

角野隼斗さんは、1995年生まれ。東京大学大学院情報理工学系研究科修了。2021年、第18回ショパン国際ピアノコンクールのセミファイナリスト。かてぃん名義でYouTube配信も行う。フルアルバムに「HAYATOSM」(撮影/出版写真部)
角野隼斗さんは、1995年生まれ。東京大学大学院情報理工学系研究科修了。2021年、第18回ショパン国際ピアノコンクールのセミファイナリスト。かてぃん名義でYouTube配信も行う。フルアルバムに「HAYATOSM」(撮影/出版写真部)

 聴く人を瞬時にとりこにする音の躍動感、オリジナリティーあふれる編曲。YouTubeチャンネル登録者数は90万人、音楽番組には引っ張りだこ、いまや新時代のピアニストとも言われる角野隼斗さん。「AERA with Kids」春号では、「東大大学院出身の異彩を放つピアニスト」の子ども時代に迫りました。

【写真】「サムライ」と覚えてもらえるように…反田恭平さんが表紙を飾ったAERA

*  *  *

 ピアノは物心がつくころには自然と弾いていました。母はピアノの先生をしていますが、「練習しなさい」と厳しく言われたことはなく、ゲーム感覚で練習を楽しめるように工夫をしてくれていたようです。練習はあまり好きではなかったけれど、本番で弾くのは楽しかった。だから、ピアノをやめたいと思ったことは一度もないです。今でも実家に帰ってリビングにあるピアノを弾いていると、「その音、違うんじゃない?」と母から指摘が入ります(笑い)。

 小さいころから、算数にものすごく興味がありました。数字が好きで、計算ドリルを先取りしてどんどん解いていました。小学生のときにはピアノの練習メニューや成果を表やグラフにして、それを楽しんでいるくらい(笑い)。父がディズニーランドの待ち時間や車の渋滞中に、よく算数のクイズを出してくれたのを覚えています。マッチ棒を使った問題とか、魔法陣とか、パズル問題が多かった。

 小4までは「ひょうきん者」「ピアノ得意キャラ」。勉強もそれなりにできていたかな。でも、小5くらいから優等生ぶっていることに嫌気が差してきて、授業を聞かずにしゃべっていて、先生から注意されることが増えました。聞いていないのに、テストはできる。イヤなやつですよね。学校の勉強に物足りなさを感じていました。

 そんな様子を察した母が、新しい環境があったほうがいいと塾をすすめてくれたんです。その後、自分から「受験したい」と言ったかどうか記憶は定かではないのですが(笑い)、中学受験をすることに。地元を出て、外の世界を見てみたいという気持ちがモチベーションになっていたと思います。

NEXT

中学受験はつらかった

1 2

あわせて読みたい

  • “準備”からたった2年でショパンコンクールへ 開成→東大のピアニスト!

    “準備”からたった2年でショパンコンクールへ 開成→東大のピアニスト!

    週刊朝日

    1/7

    場所もジャンルも垣根を分けないことが自分流 ピアニスト・音楽家、角野隼斗

    場所もジャンルも垣根を分けないことが自分流 ピアニスト・音楽家、角野隼斗

    AERA

    5/23

  • 東大大学院からピアノコンクールで日本一に ピアニスト・角野隼斗の素顔

    東大大学院からピアノコンクールで日本一に ピアニスト・角野隼斗の素顔

    東大新聞オンライン

    6/2

    「子ども時代に読みたい本151冊」を一挙掲載/Snow Manの阿部亮平さんがおすすめする本と読書の醍醐味についてのインタビューも/「AERA with Kids 2022年春号」が3月3日発売!

    「子ども時代に読みたい本151冊」を一挙掲載/Snow Manの阿部亮平さんがおすすめする本と読書の醍醐味についてのインタビューも/「AERA with Kids 2022年春号」が3月3日発売!

    3/3

  • 東大合格者の“役立ちアプリ”はYouTube スマホ断ちの必要はある、ない?

    東大合格者の“役立ちアプリ”はYouTube スマホ断ちの必要はある、ない?

    週刊朝日

    4/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す